すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

ありがとう、さようなら。

自分の書いた記事は、後で後悔したとしても、消さないことに決めています。

それは、書いたときの素直な気持ちを忘れたくないということもありますが、一度ネットの世界に出してしまったことは、二度と取り消すことは出来ないと思っているからです。

例え記事を消したとしても、「無かったこと」にはできない。
消すくらいなら最初から公開しない。
自分の書く記事には、そうやって責任を持ちたい。

だから、感情的に書きなぐるような記事は、書かないように気をつけていました。
キツイことを書いたら、何度も読み返して、フォローを入れて、柔らかい表現に変えて。

それが、1つ前の記事ではできませんでした。

言い訳をするならば、あの時、イライラして、疲れていたから。でも、爆発した気持ちが私の本音だったから、ということもあります。

正直に書くと、私は最近、圭人くんに良い感情を持っていませんでした。
大学退学に、相次ぐスキャンダル。
歌番組での致命的なミス。
もちろん、だから脱退して欲しいなんて思っていたわけではありません。
ただ、「足を引っ張ってるな」って思っていました。
これは、以前スキャンダルが連発した時のいのちゃんへの感情と同じです。
だから、時間が解決するだろうと思っていました。

圭人くん一人にだけ、関心が持てなくなって、それを感じるのが嫌で、少し距離を取りました。
今回のことでも、私が心配したのは圭人くんのことではなく、他のメンバーのことで。
でも、そんな自分は認めたくなくて。
圭人くんに頑張って欲しい気持ちもやっぱりあって。
だから、応援しようと思いました。

ですが、不安にさせたファンに対して、圭人くんからコメントがないことに、徐々にイライラしてきました。
言及しない、山田くんと知念くん以外の他のメンバーにも。
知念くんがさらっとしか触れてないのも、不満と言えば不満で。

私は今回のことに対する圭人くんと他のJUMPメンバーの対応を、すばるくんと他の関ジャニメンバーと比べてしまっていて。
もちろん、すばるくんと圭人くんは理由も違うし、目的も違うし、これまでの実績も違うし、違うといえば、違うんですが。

すばるくんと関ジャニメンバーの会見を見て、発表されたコメントを読んで、関ジャニ∞ってなんて素敵なグループなんだろう、って思ったんですよ。
みんながみんな、真摯で、素直で、でも大人で。
お互いのことが大好きで、でもいろんな気持ちを飲み込んで、最終的にはきちんと背中を押していて。
どちらも、覚悟を決めていて。

ファンに対しても、きちんと自分達の言葉で、気持ちを伝えているなぁと感じました。

eighter の方から見たら腹が立つ意見かもしれませんが、今回のことで、すばるくんのことも、他のメンバーのことも、これまでより好きになったし、応援したくなりました。
そして、きっと、こういう人たちは、どんなところでも成功するんだろうなとも思いました。


羨ましかった。
きちんと筋を通して、しっかりファンに向き合ってくれる関ジャニが。

JUMPは、メンバー同士には優しいけれど、ファンに対してはそんなに優しくないと思います。
じゃんぺ、いつでも更新できるわりにそんなに更新してくれないですよね。
毎日更新してくれてる人も他のグループには結構いるのに…。

災害等が起きたとき、コメントを出すのもゆうやんだけ。
他のグループは、もっと多いよ。
ファンは、あなたたちの言葉ひとつで、どれだけ勇気づけられるか知らないわけじゃないでしょう?

言葉だけが全てじゃないのかもしれないけど、一番簡単にファンと繋がれるツールなのに、やる気無さすぎないかな?

これまで何度も思い、でもその度に考えないようにしていた不満です。

そんな風に、他のグループと比べて、求めて、虚しくなって、でも、パフォーマンスが大好きで、歌って踊っているJUMPを見るたび、結局元に戻って。

でも、少しずつ、少しずつ、気持ちが戻るまで時間がかかるようになり、その気持ちも熱いものではなくなっていました。
でも、見ないふりをしていました。そうしていたかった。やっぱりJUMPが好きだった。


けとぺを読みました。
感動した、泣いたという感想がネットにはたくさんありましたが、私はそう思えませんでした。

動画とマスコミに出したコメントとほぼ同じだな、と思ったし、この内容を月の最終日まで引っ張った意味ってある?って、冷たいことを考えてしまいました。

いのちゃんのらじらーでの言及もあったみたいですが、それもそっか、としか思えなくなってしまいました。


いよいよ、お別れの時が来たんだと思いました。

いつからか、私は私の中で理想のJUMPを作り上げて、 自分の思い通りのアイドル像を押しつけていたんだと思います。

最初からずっと、手の届かない存在なのに、何年間かずっと、彼らが私の日常にいてくれたから、勝手に彼らのことを知っているような気持ちになり、分かったようなことを、上から目線で考えるようになっていました。

恐ろしい思考だと思います。

そんな自分が嫌になりました。

誰かのことをマイナスの感情で見ることは、私にとってはとても疲れることで。
だからと言って、納得できるまで日々いろいろ考えてしまうことをやめられない。
だから、離れることにしました。
降り先がなくても、担降りって言うのかな。
この期に及んで、そんなどうでも良いことを考えてしまいます。
決意は固いのに、何だか現実味がなくて。

これまでありがとう、JUMP。
たくさんの、本当にたくさんの幸せをもらいました。
学生時代でもはまらなかったアイドルに、この歳でドはまりするとは思わなかったよ。
ただ純粋に好きな気持ちだけでいられた時間は、正直少なかったと思う。
だけど、ずっと退屈だった私の日常に色をつけてくれたのは、間違いなくあなたたち9人でした。
遅めの青春だけど、とても楽しかった。
どうか、身体に気をつけて。

いつか、離れたこと、後悔させてください。

ブログで仲良くしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
私がこれまでJUMPファンでいられたのは、皆様の存在がとても大きかったです。
これからも、こっそり皆様のブログを覗きに行くことをお許しください。
どうか、これからの皆様とJUMPの未来が幸せなものでありますように。

※ひっそりフェードアウトすることも考えましたが、これまでお別れの言葉を言えないまま、ファンを止めたのか、体調を崩されたのか、分からないままお話できなくなった方が何人かいて、それが個人的には寂しかったので、こういう形で記事にしました。
読んでいただき、ありがとうございました。

ところで、【圭人くん留学その2】

一体いつになったら、圭人くんはけとぺかけとぴ(って言うんですね)で、今回のことに言及するのかな?

まさかまさか、あの動画とマスコミへのコメントだけでおしまいじゃないよね?

やまぺを読んで、やっぱり山田くんは山田くんだ、ありがとう、って思ったけど、これ本来、一番最初に圭人くんが言うべき言葉ばかりだよ?

・突然の発表でごめんなさい。
・なぜこの時期なのか(説明)。
・自分なりに悩んで出した結論です。
・メンバーは思うところがあったけど、送り出してくれた。
・頑張るから、応援してもらえたら嬉しい。
・帰ってきたとき、更に進化した姿を見せられるように頑張る。

ね、そうじゃない?

このタイミングで留学することは、たくさんの方面に迷惑をかけることは重々承知だよね。
それでも、どうしても、今じゃなきゃダメな理由があったんだよね?
私は宮城の仕事を途中で抜けるのが一番ひっかかってるんだけど、圭人くんも、光くんの念願のお仕事、JUMPにとっても大切で大きな意味を持つお仕事って思ってるよね?
それを途中で投げ出して(言い方悪いけど)でも、留学しなきゃいけないんだよね?

ねえ、圭人くん。

私は、納得して、気持ちよく送り出したいんだよ。
そのためには、圭人くんの気持ちや考えを聞いて、自分なりに受け止めて、理解する必要があってさ。

だからさ、何か、言ってくれない?
納得させて、心から応援させてよ。

まぁ、圭人くんは、そんなこと望んでないのかもしれないけどさ。



個人的に、今回みたいにたくさんの方面に迷惑をかけたり、ファンを不安にさせたとき、経過や気持ちを説明することは、義務…とまで言ったら言い過ぎなのかもしれないけど、必要なことだと思います。

選んだ道が正しいかどうかとか、そういうことではなくて、自分の言動に、一人の人間として、責任を持つという意味で。

だから、それをしない圭人くんにとてもモヤモヤしています。

なんなら、山田くんと知念くん以外の、触れてないメンバーにも若干。
今って、結構JUMPの危機だと思うんだけどな。
8人でも問題ないって…思ってないよね?


前回の記事に比べて、急にキツめの記事ですみません。
穏やかな気持ちでDVDが見たいです。

2018/6/23のこと。【圭人くん留学】

圭人くんが戻ってきたとき、この記事を明るい気持ちで読み返せますように。




ここしばらく、水曜日が来るのが怖かったです。

毎週、文春砲があるからです。

どうか、何もありませんように、と祈っていましたが、JUMPへの文春砲は、スキャンダルではなく、まさかの圭人くんの脱退報道でした。

なるべく気にしないようにしていましたが、本当は毎日、気になって気になって仕方なくて。

H.ourTimeを作った圭人くんが脱退するなんて思えない、という気持ちはありましたが、事務所も、圭人くん始めメンバーからも、何もコメントが無いことが不安で。

特に山田くんは、何かあったら、じゃんぺでファンを不安にさせないように伝えてくれる人だって思っているので、きっとコメント「しない」んじゃなくて、「できない」んだろうなって。
そう考えると、事実無根!とは簡単には思えなくて…。

昨日の夜、久しぶりにJUMPの動画を見ました。
あのドッキリの後のWhite Loveを見たら、涙が出てきて。
どうか、山田くんがあんな思いをしていませんように、現実にはこんなことがありませんように、と願いわずにはいられませんでした。

23日にファンに報告があるというのをどこかでみかけて、でも夕方まで、何のメールもなくて。
なんだ、考えすぎだったかな、なんて思っていたら、ネットでファンクラブからメールが届いていることを知りました。

でも、私には届いてなくて。
半信半疑で。

調べると、迷惑メールに入っていたという人が結構いて、恐る恐る確認すると、メールが届いていました。

メールを開く手が震えるなんて、初めてだったかもしれません。
その文面に、頭が真っ白になりました。
その時点で、21時50分。
不安な時間が短くて済んだのは、良かったのかもしれません。
20時に知っていたら、きっと家事とか何も出来なかったかも。


しかし、22時にアクセスしても、サイトにはなかなか繋がらず。
可笑しなもので、「JUMPってファンたくさんいるんだなぁ」なんて、やけに冷静な自分もいました。
きっと、現実逃避だったんだろうな。
30分近く繋がらず、でも今回は、きちんと自分の目で確かめたいと思い、その時を待ちました。

繋がった動画、センターにいる圭人くん。
正直、「終わった」と思いました。

でも、内容は、思っていたのと違っていました。

脱退ではなく、留学。
いつか必ず、戻ってくると。

真っ直ぐにカメラを見て、しっかり話す圭人くんからは、強い意志を感じました。

圭人くんが、大学を退学になったと知ったとき、凄く残念に思ったんですよね、もったいないなって。

でも、大学卒業がお父さんとの約束だった、とか、仕事に活かせればと思って、とか言うのを聞いて、きっと大学に入ることが目的になってしまって、圭人くん自身が勉強したいっていう気持ちになってなかったんだろうなって思って。

肯定ではなく、必然という意味で、「じゃあ仕方なかったんだろうな」と思いました。
その分、これから頑張ってね、と。
でも、上智大学卒業という強力な武器を自ら捨ててしまって、これからどうしていくのかな、とも。

そんな中、自分で決めたのが、今回の留学だったんだなと思うと、私は嬉しいというか、誇らしい気持ちにもなりました。
やっと、圭人くんが本気になったような気がして。
良いものを持ってるのに…って、何度も思ってきたから。

もちろん、残されたメンバーのことを考えると、苦しい気持ちにもなります。
特に、動画で終始暗い表情だった山田くんのことを思うと…。
きっと、納得しきれてないし、圭人くんに対しても、ファンに対しても、凄く複雑な気持ちがあると思います。

だけど、薮くんからの「脱退ではなく戻ってくる」という言葉に、強く何度も何度も頷いていた山田くんは、きっと誰より圭人くんを応援するんだろうなとも思います。

そして、たくさん相槌を打ち、笑顔で圭人くんに声をかけていた裕翔くん。
横で圭人くんを心配そうに見つめて、でも言葉ひとつひとつに優しく頷いていた知念くん。

落ち着いたしっかりとしたトーンで説明してくれて、見ているこちらを安心させてくれた薮くん。そな薮くんの言葉に誰よりも深く頷く光くん。

優しく微笑んで頑張れって言うゆうやん、いつも通り冷静でいてくれるいのちゃん。

後ろを振り向きながら薮くんの言葉をしっかり聞いて、表情からは泣いていたのかなと思いますが、笑顔を見せてくれた大ちゃん。

みんながみんな、圭人くんのことを思っているのが伝わってきました。

そして、最後の元気な「Hey!Say!JUMPでした!」は、ファンに大丈夫だよ、心配しないで、って、伝えてくれてるんだろうなと感じました。
やっぱりJUMPは素敵なグループです。


留学して、いろんなことを学ぶ中で、圭人くんの考えにはきっと様々な変化があるでしょう。
これまでJUMPでやってきたことを全て覆すような、強烈な体験もあるかもしれません。
そして、圭人くんがいない間、JUMPもまた、成長し、これまでとは違うチャレンジもしていくでしょう。

圭人くんが戻ってきたとき、両者の違いが「違和感」ではなく、お互いを更に成長させ、ますます素敵なグループになる良い「刺激」になることを、心から祈っています。
「あの留学があったから、JUMPはここまで成長できた」という言葉が、いつか聞けますように。

頑張れ、圭人くん。
頑張れ、薮くん、光くん、いのちゃん、ゆうやん、大ちゃん、裕翔くん、知念くん、山田くん。

微力ながら、応援しています。
9人が大好きです。

とりとめのない話【雑記】

仕事復帰から1ヶ月が過ぎ、私も子どもも新生活に慣れてきました!
しかし、1週間のうち2日は子どもと一緒に寝落ちする体力の無さ…(笑);
それでも何とか元気にやっております!

そんな私を癒してくれるのが、通勤途中に毎日見られる光くんとゆうやんです♪

f:id:kaosi:20180529081849j:plain

正面から撮る勇気がなく、ちょっと斜めからさっと撮ったのですが、いや、ほんと、2人ともとんでもなくイケメン!!知ってたけど!!
「ありがたや、ありがたや…」と思いながら横を通って乗り換えしてます(笑)♪

舞台自体は申し込みすらできませんでしたが、じゃんぺで稽古段階からとても楽しく充実している様子で、とてもわくわく、嬉しい気持ちになりました!
最後まで怪我や病気なく、素敵な舞台になりますように♪


DVDもやっと発売が決まり、ほぼ諦めていたカウコンが見られるとのことで、こちらも届いてもいつ見られるのか全然分からないのですが(笑)、もうすぐ手元に届く!というだけで、ふわふわと幸せな気持ちです♪
やっぱり、歌って踊ってるJUMPが一番好きなので、コンサートのDVDはテンション上がります!
しかし、なぜアリーナ公演じゃないの?!そして、なぜ頑なにBlu-rayを出してくれないのか…;
今の最高のビジュアルは、Blu-rayで見なきゃもったいないのに…!!
でも、とりあえず楽しみです(笑)!


宮城のキャンペーンも始まりましたね!
ちょっと、今年の夏は行くの難しいのですが、いつか必ず行きたいです。
すごく仲良くしているママ友が、もうすぐ仙台に引っ越してしまうんです。
すごく寂しいんですが、会いに行きたいと思うので、その時は一石二鳥な感じで(笑)、仙台にお金を落としてこれたらなと(表現があれですが)と思います!


昨日、というか今朝、すっごく久々にJUMPが夢に出てきました!
全員じゃなくて、確か知念くんと、薮くんと、いのちゃんと、山田くん…だったかな(笑);
夢の中では、都合よく私は女子高生になっていて(笑)、なぜか教室に遊びに来てくれたメンバーといろいろ話してるんですが、内容は、DVDの初回限定盤がすぐ売り切れるとか、コンサートのチケットがなかなかとれないって話で。

メンバーは自分たちの人気にピンときていないようで、「へー、そうなんだ!」「びっくり!」みたいな反応だったので、「すごく人気あるんですよ!」って力説してしまいました(笑)。

メンバーが学校を去った後、「あ、大好きとか、応援してます、とか言ってない…!」ってことに気づいて、凄く後悔してたら目が覚めました。

目が覚めて、ほっとして、そして、私の中で一番大きな気持ちはやっぱり「大好き」と「応援してる」なんだなあと、なんだかすっと胸に落ちてきたというか、改めて、しみじみと実感しました。

ブログを書いていない間、圭人くんのことや、すばるくんのことや、山口くんのことがあり、程度や内容は違えど、事務所含めていろいろ思うところがありました。
時間がなくて、記事にはできませんでしたが。

テレビもラジオも相変わらず追えないし、もうこのままフェードアウトすることも何度か頭をよぎりましたが、今日の夢で一気に出戻りです(笑)。
単純(笑)。


どうか、今日も9人が笑顔でいられますように。

新年度。【雑記】

4月になっちゃいましたね!
相変わらず時が経つのは早いですね。

圭人くん、お誕生日おめでとう♪
ちょっと遅くなったけど、ゆうやんもお誕生日おめでとう♪
2人にとって、ますます充実した素敵な1年になりますように♪

私は、明日から、子供を保育園に預けます。

行き詰まってここでちょっと弱音を吐いたこともありますが、やっぱりとても楽しく幸せな時間だったので、明日が来るのが、寂しくて寂しくて;

特に3月に入ってからは、カウントダウンしながら何だかずーんとした気持ちでいたのですが、4/2から7が忍たまのエンディングを担当すると聞いて、我ながら単純ですが、ぱっと明るい気持ちになりました。
楽しみに4/2を待てるようになりました。

今日は、予想外にリアタイ出来た日テレの特番で光くんにときめき(笑)、大ちゃんにも笑わせてもらい、何だか心が軽くなりました。

私自身は、もう少し先に仕事復帰です。
1年のブランク&新しい部署に配属とのことでちょっと緊張してますが、

「この休みの間に、録画しているもみ冬やFINAL CUTを一気見したり、マエヲムケのMV見たり、あわよくばアポロンの坂道を見に行ったりしたいなー」

なんて思ってると、不安も忘れてワクワクしてくるんですよね♪

ほんとはここにI /OのコンサートDVDがあれば完璧だったんですけど(笑)。
あ、OTT以降の音源、スマホに入れなきゃ♪

ほんと、ありがたい存在です。
好きになってからずっと、気持ちの形は変わっても、助けてもらい、癒してもらい、笑顔にしてもらい、JUMPには感謝しています。

たくさんの幸せをくれる9人も、たくさんの幸せを感じられる新年度になりますように。

心境の変化。【雑記】

あっという間に、気づいたらもう2月ですね…!
今年も宜しくお願い致します(笑)。

さて、最近心境の変化がありましたので、メモとして書いておきたいと思います。

一昨年、ファン心理について書かれた、日経新聞のあるコラムが注目を集めました。
ご存知の方も多いと思いますが、下記に引用します。

ファンというのは、最初、

「なんとなくその人を観ていると嬉しい」

というところから始まり

「その人が活躍したり、いい成績を出したりすると嬉しい」

という段階を経て、

「もう、ただ、その人が幸せそうなら、活躍とか成績とかどうでもよくなる」

という境地に達するものだと思う。

そして、最後は

「ただ、その人がこの世の中に生きているというだけで、なんだか嬉しい」

となっていく。

これを読んだ頃、私は「その人が活躍したり、いい成績を出したりすると嬉しい」の段階で。
その反面、悔しさとか、もどかしさとか、怒りという感情も、強く感じていました。

くしくも、この年はスキャンダル報道が多く、マイナスの気持ちもたくさんありました。

スキャンダルについては、正直なところ、去年も微妙に引きずっていて。
特にいのちゃんのことを、嫌いということではないけれど、他のメンバーとは違う温度で見ていました。
いのちゃんを見ると、妙に冷静になってしまって。
私は『9人』が好きだったから、一人だけそう思ってしまうのが辛く、モヤモヤするくらいなら、もうJUMPから離れようと思っていました。

私のファンクラブの期限は12月なので、去年の年末のコンサートはギリギリ最後のコンサート。
ファンクラブも更新しないで、最後に良い思い出として、こっそり心の中で、お礼とお別れを言いに行こう。
そう思って行きました。

でも、行ってみたら、いのちゃんが笑顔で、楽しそうにコンサートをしていることが、嬉しくて嬉しくて。
すごく穏やかな気持ちになれました。

そして、『切なさ、ひきかえに』。
この曲は、裕翔くんのことがあった時、この曲を歌ってる裕翔くんがいつか見たくて、ファンを辞めないでいようと思った曲でした。
それを9人で歌い踊っている姿を見て、涙が出ました。

ファンでいたのは、たった数年だけど、それでもたくさんのことがあったな。
でも、今、とても幸せで、感謝でいっぱいだな。
ありがとう。
ありがとう。
そんな風に思いました。

結局31日にファンクラブを更新しました。
ペイジーって素晴らしいですね(笑)。

そして、紅白。
みんな緊張してたけど、堂々ともしていて、そして何よりキラキラしていて、観ていて本当に誇らしく、幸せでした。
義実家で観ていたのですが、義兄夫婦が、「ナシ岡ってほんとにアイドルだったんだね…!」って話してて、笑っちゃいましたけど、大ちゃんの最初の顔、好き過ぎたなぁ。
とってもとっても素敵な紅白でした。


そして、それから約2ヶ月半、今はただただ穏やかな気持ちです。
ふんわりとした、幸せな気持ち。

すごく良い感じなのですが、もう以前の様に情熱的に追いかけることはないだろうなというのも薄々感じています。

あのコンサートで、紅白で、自分の気持ちが綺麗に『纏まってしまった』感じがするのです。
言い換えれば、満足してしまったのです。

それまでずっと、心に引っ掛かっていた棘が抜けて、ただただ温かい、優しい塊になってしまった。

だから、例えば出演番組を逃しても、気にならない。
新曲の初回限定版を買えなくても、躍起になって探したりしない。

活躍が評価されているのを見ると、良かったなぁと思うし、CDが売れていることに安心したりはするけれど、「私が見ていなくても」 「私が買わなくても」大丈夫なんだよなあという気持ちがあります。

いや、元々大丈夫なんですけどね(笑)。

それくらい、今のJUMPには安心感がある。
もちろん見たい番組は見ますし、欲しいCDは買いますよ♪

冷めたとはちょっと違って、相変わらず好きではあって、プラスの感情しかないけど、何だかこれまでに比べて緩い。
そんな心境の変化があり、最初に引用した文章を思い出したのです。
もしかしたら、今は「もう、ただ、その人が幸せそうなら、活躍とか成績とかどうでもよくなる」になってきたのかな、と。
それなら、ある意味進化かな、と。

「ただ、その人がこの世の中に生きているというだけで、なんだか嬉しい」になるには、まだかかるような気がしますが、これからも自分のペースで応援していけたらなと思います。

ありがとう。【I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 12/30】

f:id:kaosi:20171230224813j:plainコンサート、行ってきましたーー!!

楽しかったー!!
たくさん声出してきました!
ほんとデトックスになったよ、光くん(笑)!

曲の感想とか、個人への感想とか、細かくは書けないんですが(単に私の時間と体力と記憶力の問題です;)、9人、みんながみんな、心から楽しそうで、幸せそうで。

それが、凄く嬉しかったです!

とってもとっても、素敵な空間でした。
参加できて、あの空気を感じられて本当に良かったです。

多分、JUMPはこれからもっと大きなグループになって、私の状況も変わって、会えなくなることも増えていくんだろうなって予感はしているんですけど。

光くんが、今日のこの楽しかったコンサートのこと、忘れないから、忘れないでね、って言ってたんですけど、きっと、忘れられないと思います。

このコンサートでは、10年を振り返って、たくさんの曲が披露されましたが、その中には楽しい思い出だけではない曲もあって。
パフォーマンスを見ながら、少し切ない気持ちになったり、悲しかったことを思い出したりもしたのですが、今日が本当に最初から最後まですっごく楽しくて、幸せな思い出に上書きすることができました。

そんな気持ちにしてくれて、本当にありがとう。

ちなみに、予想通り2階席だったんですが、レーザーや特効など、演出が綺麗に見えましたー!
斜め上からなので、ダンスもフォーメーションがよく分かって楽しかったです!
ダンス、揃ってて凄かった!!

周りも盛り上がってて、でもファンサや銀テを意識しない分、とても平和でした(笑)♪
むしろメンバーから手を振ってもらえたり、声かけてもらえた(2階も見えてるよーとか)ときの一体感が凄かったです!
そういえば、2階も見えてるよって言われて、みんなペンラ振って応えてたんですけど、大ちゃんだったかな?ペンラが本当に綺麗だって言ってくれて、凄く嬉しかったなー♪

改めて、私はこの9人のパフォーマンスが好きで、この9人の笑顔が好きなんだなぁとしみじみ思えたコンサートでした。
そして、この9人に幸せになってほしいなと心から思いました。
どうか、来年は今年以上に9人が幸せでありますように。

そういえば、明日のカモナ、出演者全員で踊るそうで(笑)!
盛り上がりそうでますます楽しみですね!
知念くんが、たくさんの凄い方たちと一緒のパフォーマンスで緊張してるので、ちゃんと噛まずに台詞言えるようにテレビの前で応援してねって(ニュアンス)言ってましたよ♪
みんなで応援しましょうねー!

では、皆様、よいお年をお迎えください♪
今年一年も、本当にありがとうございました!