読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

Magic Power と10000字インタビュー。

「笑っちゃう時だって
泣いちゃいそうな時だって
みんないれば幸せ
離れられる…わけないよね。」

Magic Power 。
バンドスタイル、いいですよねー!
ダンスもかわいくて好きです♪

この曲を初めて聴いた時、
「なんてHey!Say!JUMPっぽい歌なんだろう!」
と思いました。
歌詞の通りの関係性を、Hey!Say!JUMPに感じていたからです。

メンバーみんながとても仲の良い、あたたかい雰囲気のグループ。
それは、私がHey!Say!JUMPを好きになる、大きな要因のひとつでもありました。

好きになってから、仲良しエピソードを読んでは癒されていた私ですが、その中にちょくちょく出てくる「10000字インタビュー」というものが気になってきました。

10000字もあるなら、きっと読みごたえがあって、もっとメンバーのことを知れるんだろうな~!!と思ったのです。
調べてみると、ネットにあげてくださっている方がおり、読むことができました。

そして、有岡くんの10000字インタビューから読み始めたのですが…、すぐに電車で読んだことを後悔することに。

何と表現したらいいかわからないのですが、単純にいうと、胸がいっぱいになりました。
屋久島から山田くんに電話した話の辺りからは、涙を堪えるのが大変でした。

でも、止められなくて、残りのメンバーの分も一気に読みました。

本当に最近好きになったので、私が出会って好きになったHey!Say!JUMPは、既にキラキラと、光のあたった存在でした。

でも、そうなるまでに、悩み、もがき、罪悪感に苛まれたり、焦ったり、不安になったり、時にはメンバーとぶつかったりしながら、それでもやっぱりメンバー同士支えあって、前を向いて、一歩一歩、進んできたんですね。

その時代を知らない私が、簡単に言える言葉ではないのかもしれませんが…、その時代があったからこそ、今のHey!Say!JUMPには、揺るぎない、強い絆があるんだろうな、と感じました。
そして今、全員が心から、「メンバーのことが大好き!」と言える関係って、とても素晴らしいなと思いました。

本当に、知れば知るほど好きになるグループです。

「遅刻っぽい朝だって
がけっぷちの夜だって
一緒なら そう ハピネス☆
Crazy ?!But ,Magic Power !!」

これからのHey!Say!JUMPに、たくさんの幸せが訪れますように。