読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

ベストアーティスト2015

楽しみで楽しみで仕方なかった、ベストアーティスト2015。
仕事を急いで終わらせて帰ったら、ギリギリJUMPの出番に間に合いました。

山田くんの変顔とか、伊野ちゃんのテキトー発言とか、あぁー、やっぱり好きだなぁ~と思い。
JUMPは今日も仲良くて、かわいくて、かっこよくて、キラキラしながら、キミアトラクションを歌っていました。衣装も素敵でした。

夫に「実は最近JUMPにはまってるんだよね」とさりげなくカミングアウトしたりしながら、そんなJUMPを幸せいっぱいで見ました。
メドレーも楽しみで、わくわくしてました。






田口くんの脱退発表までは。






来春、KAT-TUNを脱退し、事務所も退所するとのこと。
深く考えて出した結論だと思いますし、その選択は尊重されるべきだと思います。
田口くんが後悔しないように、今後の人生を送ってほしいです。

しかし、そう思いながらも、亀梨くんの本当に本当に辛そうな挨拶と、中丸くんと上田くんの、苦しそうな、耐えるような表情を見ながら、私は頭が真っ白になっていきました。

もちろんKAT-TUNのファンの皆さんのショックは私のショックなんかとは比べ物にならないと思いますし、気持ちが分かる、なんてとても言えないですが、グループを応援している立場として、「メンバーが抜ける」ということが、とてつもなく恐ろしく、辛い、と感じました。

そのあとは、ショックを引きずり、結局楽しめないまま終わってしまいました。

JUMPでも森本くんの脱退があったという事は知っていますが、本当に最近好きになった私には、それは知識でしかなくて。
NEWSとKAT-TUNが4人になった時は、「大変だな、残ったメンバー頑張れ~!」という気持ちはありましたが、ここまでのショックはありませんでした。

JUMPを好きになったからこそ、こういう気持ちになるんだな、と思うと、誰かを好きになることは、楽しいだけではなく、怖いことだなと思いました。

でも、もう好きな気持ちは止められないから。
今に感謝して、これからもJUMPを応援し、好きでいたいと思います。

そして、田口くんのこれからも、3人のKAT-TUNのこれからも、応援したいなと思います。