読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

夫にカミングアウト。【私、JUMPにはまっています。】

実は昨日、夫にJUMPにはまっていることをカミングアウトしました!

別に言わなくてもいいかなーと思っていたのですが、何だか隠し事をしているようで、毎日落ち着かなくて…(笑);
実際、DVDは自分の部屋に隠してますしね…;

今後はファンクラブの会員証がいつ届くか分からないですし、なにより年末年始のJUMP関係のテレビ番組をリビングで堂々と見たくて…!!というかチャンネルを譲って欲しくて…(切実)!!

ただ、夫はアイドルに全く興味がない人なので、引かれるんじゃないかなーと心配で;
すごくタイミングとか言い方とか考えていたのですが、結局、朝ごはんを食べながら、

「あのさー、引かれるかなと思ってなかなか言えなかったんだけど、実は私、ガチでHey!Say!JUMPにはまってるんだよね。」

と言いました。
(ベストアーティストの時に、かるーく「最近はまってる」とは言ってはあったので)

すると、

「誰が好きなの?」

と聞かれたので、思わず、

「それがさー、全員いいんだよ…!!!」

と答えました(笑)。

すると、

「ライブとか行っても良いからね!」

と言われたので、

「でもライブに行くにはファンクラブに入らなきゃいけないと思うんだよね…。」
⬅ほんとはすでに入ってます(笑)

と言うと、

「じゃあ入ったらー?」

とのこと。

何か拍子抜けしました…。

なんでこんなに物分かりがいいのだろう、と思ったのですが、夫は昔熱狂的に好きなアーティストがいたので、「ライブで会いたい!」という気持ちが分かるようです。

今は少し情熱が落ち着いて、ファンクラブはやめたのですが、そのアーティストもファンクラブに入らないとなかなかコンサートのチケットが取れなかったので、ファンクラブに入る必要性も分かるようです。

正直、熱狂的な時代の夫には多少引いたこともあったのですが、当時、面と向かって否定しなくて本当に良かったな、と思いました…(笑)!
そして、好きな物への情熱というのは、その対象が違っても、分かり合えるものなんだなー、と思いました♪

ということで、夫公認の(?)JUMP大好き生活、これからは堂々と楽しみたいと思います!
あー、すっきりした♪