すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

建築アイドル伊野ちゃん。【嵐にしやがれ!嵐旅館 1/1】

嵐旅館見ましたー!

去年のリーダー会がとても面白かった(そして少し
泣いた(笑))ので、今年は伊野ちゃんが出ると知って、すごく楽しみにしてました!
伊野ちゃんのバラエティは外れがないですしね(笑)♪

今回は、「ジャニーズ匠の会」!
大野くん(ものづくりの匠)がホスト役となり、食の匠の長野くんと、作家の加藤くんと、建築の匠の伊野ちゃんの4人でかまくらを作り、料理を作って語らおう!という企画です♪
ちなみに裕翔くんがスタジオゲストです♪

伊野ちゃんは建築学科を出ているので、「建築の匠」なのですが、「大学出ただけですよ?」と言っちゃう伊野ちゃん(笑)。こういうところ、本当にバラエティのセンスあるよなーと思います!

早速かまくらを作ります!
ここは図面の描けるアイドル伊野ちゃんの出番…ですが、時間がないので手描き。
伊野ちゃんはイグルーというレンガ状の氷を積み重ねて作るかまくらを提案し、それを作ることに。

かまくら作り中、遅れていた加藤くんが合流します!
そこで、長野くんと大野くんは料理に移る事に。
かまくら作りは疲れるため、加藤くんは「俺もそっち(料理)行かせてもらえないですか?」と大野くんに聞きます。
そこに噛みつく伊野ちゃん(笑)。

伊野ちゃん「加藤くんは絶対かまくらです。可能性があるとしたら僕です。ずっとやってたんだもん!」

加藤くん「建築学科だったらこれやらないと」

伊野ちゃん「(食いぎみに)いや大丈夫です。かまくらおじさんいるんで。」

加藤くん「俺こいつとやっていけない!
こんな口ごたえの多い後輩!」
嬉しそうな伊野ちゃん(笑)。

大野くんに雪をかけられたりしつつ(笑)、かまくら作りは最終段階に!

ここで、大野くんが加藤くんの匠感を活かすため、ナレーションをするよう、加藤くんに依頼します!
そのナレーションがこちら(笑)!

「寒空の下 月におぼろげな雲がかすむ中
男たちは一心不乱にかまくらを作った」

「寒さに耐えしのびながら
彼らは一生懸命体を動かした」

「彼らが一生懸命かまくらを作るのには理由があった」

「それは2015年の年末に彼女にフラれた伊野尾を励ますためだった」

伊野ちゃん「クソ~!フラれてしまった~(棒読み)」

「そんな伊野尾を励ますように2人は優しい言葉をかける」
長野くん「頑張れ~!」
大野くん「そういう時もあるさ!」

「その言葉にきゅんとした伊野尾 
先輩の顔をじっと見る」

大野くん「見んなお前!!」

「目が合う大野智もそれにきゅんとする」

「2人の体が自然と近づいていく×2」

「そしてそっと抱き合い」

「唇が近づいていく」

大野くん「やらねぇわ!」

…加藤くん、何なのこのストーリー(笑)!
大野くんも伊野ちゃんもノリいいな(笑)!

かまくらが無事完成し、中でお話スタートです♪

伊野ちゃんは、何故建築学科に進んだのかを訊かれます。
まずは、何で大学に入ったのか。
「ジャニーズの仕事で食っていけないなと思ってたんですよ、高校生ぐらいの時に。」
「Hey!Say!JUMPって9人いるので、自分らしさってどういう所で出していいのかっていうのもまだわからないですし。」

次に、何で設計と建築を選んだのか。
「小さい頃からものづくりが好きだったのと、身近なところでいうとコンサートのステージとかで少し力をプラスできるんじゃないかなって。」
「失礼な話ですけど、V6さんのコンサート観に行くじゃないですか。
V6の皆さんより代々木体育館の構造見ちゃう。」

長野くん「仕事柄みんなそうだよね~」
加藤くん「癖なんだろうね~」
理解してくださる匠の先輩方…!

大野くん「コンサートの設計やればいいいじゃん!」
長野くん「部分的でもいいじゃん、全部だと大変だけど」
大野くん「かまくら出来たんだから!」
伊野ちゃん、嬉しそうでしたね♪
ワイプの裕翔くんもそんな伊野ちゃんを優しい目でみていました♪

そして、伊野ちゃんの2016年の抱負。
「ようやく2015年に少し建築と今やっているお仕事がマッチングして出る機会も出てきたので、今年も建築アイドルとしていろんな人に知ってもらえるように頑張れたらいいなと思っています。」

伊野ちゃんの面白さと真面目さがよく出ていて、とてもよい番組だったなーと思います!
大野くんと長野くんと加藤くんという、得意分野を武器にしている先輩方と共演できたのも良かったですね♪いろいろと伊野ちゃんの背中を押してくれた感じがしました!
今年はますます建築アイドルとしての道を突き進んでいくであろう伊野ちゃんの活躍がとても楽しみです!