読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

永遠の別腹。【KinKi Kidsという存在】

JUMPのことばかり書いているこのブログですが、年明けから、20周年と年末年始のコンサートのことでKinKiの話題を目にすることが多くて、私も KinKiのことを書きたくなり、書いています。

KinKiのことは、昔からずっと好きです。
多分、私たちの世代は男女問わず、かなりの割合でKinKiのことは好きだと思います。
好きという温度に差はあると思いますが、好感度はかなり高いと思います。
私たちの世代にとって、KinKiは「ジャニーズ」とか「アイドル」というものを越えた、「絶対的に人気のある芸能人」でした。

私は小学校高学年~高校という多感な時期に、KinKiの歌を聴き、KinKiのドラマやバラエティーを見て育ってきた世代です。
人間失格、若葉のころ、未満都市、金田一、銀狼…今でもKinKiのドラマはスラスラ出てきます。
ちなみに瀬戸朝香さんを見ると、イノッチの奥さんというより、「P.S. 元気です、俊平」の人だな、と思います(笑)。
学校では前日のKinKiのテレビの話題で盛り上がり、男子も女子も関係なく、普通にカラオケでKinKiの曲を歌ってました。
硝子の少年とか、雨のMelodyとか、フラワーとか、みんな歌えたし。

そして2人とも違う魅力があるので、女子の間ではどっち派かで盛り上がってましたね。
ちなみに私はどっちも選べず、歌番組では右目と左目で2人を別々に見ようとチャレンジしたりしてました…(笑)。

思い返せば、ゆずが好きだった高校時代も、BUMPを好きだった大学時代も、KinKiのことは普通にずっと好きで、テレビに出れば見てたし、ニュースに記事が載れば読んでました。
KinKi世代の私にとっては、それが当たり前で、そこに特別な感情はなく、自然にそうしてました。

そして大学で出会った、KinKiが大好きな友達。
彼女は私にアルバム曲やカップリング含め、たくさんの曲を聴かせてくれ、たくさんの映像を見せてくれ、コンサートにも連れていってくれました。

コンサートでは、2人の歌の上手さに驚き、ダンスの美しさに驚き、演出の豪華さに驚き、トークの面白さに驚き…。
そして、単純にすごくかっこよかった。
初めて体験した、まさに「夢のような時間」でした。
今思い出しても帰り道は浮かれてましたね…(笑)!
辛いことがあった時期に行ったコンサートでは、KinKi Kids Foreverを聴いて号泣したこともありました。
Happy Happy Greetingでも泣いたなぁ。
2人の声が、優しくて、強くて。

そういえば、KinKi縛りでカラオケ行ったりもしてました。コンサートと同じ歌を、思い出せるだけ思い出して歌ってみたりしました(笑)。

ちなみに一番好きな曲は…と書こうとしたのですが、好きな曲がありすぎて選べないことに今更ながら驚いてます(笑)。
とりあえずMalbumの、“Memories -記憶-” の選曲は神ですね!
でもやっぱり、ボクの背中には羽根があるも好きだし、雪白の月も好きだし、、夏の王様も好きだし、やめないで、PUREも好きだし、Harmony of Decemberも好きだし、99%LIBERTYも好きだし…!

…止まらないです(笑)。
でもやっぱり1番は「Kissから始まるミステリー」かな。
今聴いてもすごくかっこいい。

たくさんKinKiのことを書きましたが、私はKinKiに関しては、世代ど真ん中で、友達のおかげで普通の人より曲をたくさん知っているだけの非常にゆるいファンです。
今のところ、20年くらいずっとゆるく好きなので、多分これからも、気持ちが爆発してファンクラブに入る!みたいなことはないと思います。

でも、KinKiを好きという気持ちは、これからも変わらないと思います。
JUMPに思う、これからの未来を応援したい!という気持ちとは違いますが、これからもKinKiには、ずっとKinKiでいてほしい。ずっと私たち世代と一緒に年を重ねてほしいと、勝手ながら思います。

そういう意味で、KinKiは私にとって、「永遠の別腹」です。この表現が相応しいのかは分かりませんが(笑)、特別な存在です。

今年がKinKiの2人とファンの皆様にとって、これまで以上に幸せな1年になりますように♪
私も微力ながら、CDを買ったりして、お祝いに参加したいなーと思います!