すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

苦しい。【事務所への嫌悪感】

昨日、山田くんの記事を夕方に急いで書きました。
それは、スマスマの生放送があったから。
SMAPの言葉を聞いたら、その結果がどうであれ、いろんな感情が湧いてきて、純粋に「山田くんおめでとう!」「JUMPが大好き!」という気持ちでは書けなくなるだろうと思ったからです。

昨日、SMAPは解散しませんでした。
いや、させてもらえなかった、と言うべきなのかもしれません。

確かに、私はずっと5人でSMAPでいて欲しいと思っていました。
5人ともSMAPが好きなのに、解散なんてしたくないのに、事務所のゴタゴタに巻き込まれて解散になるなんて嫌だ、と思っていました。
でも、本当は事務所がSMAPを解散させたくなくて、私たちはそのシナリオ通りに動かされてしまったのでしょうか。

5人が決めたことなら、存続でも、解散でも、どちらでもSMAPの未来を応援しようと思って見た会見で、あんなに辛い気持ちになるなんて。

謝らなくていいのに。
悪いことしたわけじゃないのに。
SMAPでいることは、義務じゃないはずなのに。
ジャニーさんに謝る機会をもらった、って何?
何でリーダーの中居くんがそんな扱い?
メンバーみんな、本音は一言も話してないし。
何なの、これ。
1日経っても、もやもやが止まりません。

結局、経緯の説明も、今後のはっきりとした方向性の発表もありませんでしたね。
あんな死んだ目をしたSMAP、初めて見ました。
SMAPに、あんな顔をさせるために、存続を願ったんじゃないのに。SMAPを苦しめたかったんじゃなくて、幸せになって欲しかったのに。
今回、存続を願った人は、間違いなくSMAPが好きで、その存在を大切に思っている人ばかりなのに、どうしてこんなことになるんだろう。

これは私の一社会人としての意見ですが、問題が起きた時に、矢面に立って部下を守れないような上司は、最低だと思っています。
偉い人っていうのは、何かあった時に責任を取るためにいるんだと思うので。
だから、事務所側の3人が誰一人として表に出てこないことが、本当に腹立たしいし、正直、組織としてもだいぶ終わってるなと思います。
そしてそれが世間にどう思われるかということを何も考えていないとしたら、もう呆れるしかないし、結局各グループのファンは何だかんだでお金を落とすから問題ない、と思っているなら、絶望しかないです。

JUMPを大好きで応援したいという気持ちと、事務所へのとてつもない嫌悪感、この2つの気持ちを自分の中で持て余していて、今、正直、どうすればいいのか分かりません。
書いたら考えがまとまるかと思ったのですが、だめでした。
苦しいです。