読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

NEWSに救われる。【中吊り広告・Mステ 1/22】

6この数日、凄まじい怒りを感じたり、どうしようもない悲しみに沈んだり、自分の中の矛盾にいらいらしたり、考えても考えても答えが出なかったりして、正直、とても疲れました。

自分の性格上、うまく割り切って切り替えることもなかなかできず。
JUMPを好きになったことで幸せだった毎日が、JUMPを好きになったことで苦しい毎日になり、こんなんじゃ本末転倒だよなぁ、と思い、また悲しくなりました。

毎日聴いていたJUMPの曲も、何だか聴けなくなってしまって。
ただただ、ぼーっとしながらの通勤。
これまでの私なら、曲を聴ける時間!とわくわくしていたのに。
でも、それはそれで、何も感情が動かないから楽で。
このまま離れてみるのも悪くないかな、と思ったりしました。

そんな気持ちになっていた昨日、会社の飲み会の帰りにいつもと違う電車に乗ったら、偶然、中吊り広告が一面NEWSの4人でした(Nissenの広告です)。
右を向けば、ずらーっと増田くんと加藤くん。左を見れば、ずらーっと小山くんと手越くん。

NEWSのことは、特に4人になってから、具体的に何をするというわけではないのですが、応援していました。
いろいろと苦労があったグループだから幸せになってほしいということもありますが、ファンへの愛情がとても深いグループだなぁということが端から見ていてもすごく伝わってきますし、4人がとても仲良しですし、みんなトークが上手いし、それぞれ才能があるし、面白いし、どんな曲でも歌いこなすところも凄いし、もう好感しかなくて。

Nissenのテレビ広告を見た時、素敵なCMだなぁ、みんなかわいいなぁ、4人全員のCMっていうのが最高だなぁ…と、勝手ながら、とても嬉しかったんです。
だから、電車一面のNEWSを見た時も、やっぱり嬉しくて。
良かったなぁ、凄いなぁって、素直に思いました。
そして、これからも応援したいなぁと思いました。

そしたら、もうこれでいいじゃないか、と思えて。
事務所の事が嫌だと思ったままでも、応援したいという気持ちがあるなら、そうすればいいじゃないか、と思えたんです。
その後、久しぶりにウィークエンダーを聴いたら、泣ける曲でもないのに、メンバーの顔が浮かんできて、ぼろぼろ泣いてしまいました。

そして今日、MステでNEWSを見ました。
JUMPの様に出演情報を追っている訳ではないので、これも偶然だったのですが。
番組内では世界に一つだけの花の話題もあり、恐らく複雑な思いもあったのではないかと思うのですが、4人の笑顔が、大丈夫だよ、心配しないで、って言ってくれているような気がしました。
その中で、手越くんはいつもより真剣な顔をしている時間が多かった気がしましたが、笑いを取るとこはしっかり笑いを取っていて、さすがだなと思いました。
オリコン1位、本当におめでとうございます!

そして、「ヒカリノシズク」披露。
凄く響く歌詞と、感情のこもった4人の歌声。
自分を応援してもらっているようにも感じましたし、NEWS自体のことを歌っている様にも感じましたし、SMAPへのメッセージの様にも感じました。
テレビを見ながら、自然と涙が溢れて止まりませんでした。
NEWSはかっこよくて、美しくて、強くて、優しかったです。

大泣きしてすっきりしたというのもありますが、いろんなことがあっても、やはり良いものは良いということが分かってほっとしたのもあって、とても前向きな気持ちになれました。
NEWSに、2日連続で救われました。
ありがとう、NEWS。
これからも陰ながら応援します!

さっき、JUMPのポップコーンのCMを見たのですが、嬉しいというより、何だか胸が締め付けられるような気がしました。
JUMPのことは、好きな気持ちが強過ぎる故に、なかなか単純に気持ちを切り替えることができないのかもしれません。

でも、

「うまくいかなくて立ち止まるときは
無理に空を見上げなくていいから 
僕の手を離さないで 君を連れてく」

「うまく笑えずに涙こぼすとき
無理に言葉探さなくていいから
大切なのは僕の隣 君がいること」

ってJUMPも歌ってるし、とりあえず、無理に切り替えようとせず、ただ好きでいればいいや、と思うことにしました。
もちろん、事務所のことは厳しい目で見続けたいと思います。

とりあえず自分の中で方向性が決まったので、今日はやっと、良く眠れそうです。

読んでくださった方、ありがとうございました。