すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

続・愛すべきビビり三銃士。【いたジャン2/24①】

昨日はベイジャン100回記念でしたー!
特別ゲストはまっすー♪♪♪
大ちゃんと髙木くん、まっすーと絡むの楽しそうでした♪痩せたのに気づいてもらって嬉しそうな髙木くんがかわいい…♪
大ちゃんと髙木くんって、JUMPの中だとお兄ちゃんって感じですが、やっぱり先輩と一緒だと、「若いなー、かわいいなー」と思いました!

それにしてもまっすー、イケボですね…!JUMPにはいない、「大人」って感じの、渋いセクシーイケボです!
NEWSのラジオではそんなに突出して感じなかったので、NEWSはみんな大人なんだな、と思いました(笑)♪
そして「Touch」を聴いて、NEWSの「アイドル力」を改めて見せつけられた気がしました!甘い!キラキラ!ちょっとセクシー!曲だけで凄くドキドキしてしまいました…(笑)!

それにしても、青信号まっすーは面白すぎたなぁ…(笑)!
まっすー、是非早めに台本を送ってください(笑)!
そしてまっすーのサイン入りCDを欲しがる後輩2人と(笑)、これからも絡んでくださいね~♪

さて、前回に引き続き、ビビり三銃士の活躍を記録します!
ということで、東の王者と呼ばれている富士急に到着!

裕翔くん「One for all !All for one !」
一応やる山田くんと伊野ちゃん(笑)。

スタッフさん「さすが皆さんノリノリですね!」

山田くん「こうでもしないとやってけないんだよ!」

裕翔くん「そうだよ!カラ元気っていうんだよ!」

裕翔くんは初富士急、山田くんは仕事で1回来たことがあり、伊野ちゃんはメンバー(薮くん・大ちゃん・知念くん)と1回来たそうです♪
ただし、伊野ちゃんは怖いのには1つも乗らなかったそうです(笑)!

ということで早速、富士急の絶叫マシンに挑戦です!

山田くん「先程ナガシマスパーランドさんで世界一ちょっと体験して来たんですけど、どうですか、富士急さんは?負ける気はしないですか?ナガシマさんには。」

担当者の方「もちろん勝つ気で!うちもですね、世界一と呼ばれた乗り物たくさんご用意してます!」

山田くん「えっ、(世界一)あるんですか?」

裕翔くん「あるの?!」

担当者さん「もちろん!じゃなきゃ東の富士急とは呼ばれない」

山田くん「…どうかしてるぜ!(くるっと後ろを向く)」

そしてくじ引きの結果、裕翔くんが関脇、山田くんが大関、伊野ちゃんが横綱に決定!

山田くん「あ~りゃまっ」
なんだその反応(笑)!

スタジオの光くん「よっしゃ!よっしゃ!伊野尾が横綱、よっしゃ!」
凄い喜びようです(笑)!

まずは裕翔くんの関脇、「ドドンパ」です!
そのあまりの速さに、目で追う気もなくなったという裕翔くん(笑)。

山田くん「都市伝説レベルだわ!」

発車から1.8秒で最高速度時速172kmに到達!その上、高さ52mのタワーを90度に上がって、90度に落ちます(笑)!
終わりのところには写真ポイントも!

裕翔くん「それキメなきゃじゃん!」

山田くん「俺の二の舞になるなよ!」

裕翔くん「分かった!」

スタッフさん「山田さんどんなんでしたっけ?」

山田くん「俺?ロボコップ!」

裕翔くん「関脇レベルじゃないんだよね…そもそもまず。わかったんだよね、俺(ここでビュンっとドドンパが横を通り抜ける)…見たでしょ?今のだよ?もう1回見たでしょ、今の。ねぇ、これでもあなたは僕を乗せる気ですか?」

…もちろん乗りますよ(笑)!
ということで乗り込みます!

裕翔くん「俺はキメるぞ!ロボコップにならんぞ!」

スタッフさん「中島さん、このドドンパは初めてですよね?」

裕翔くん「初めて!」

スタッフさん「どうですか、今の気持ち?」

裕翔くん「すげー怖い!」

いよいよスタートします!

裕翔くん「えっ、こっから始まるの?(レール)上んねぇの!?えーっ?!マジ?!うわーーーー!」

あまりの速さに顔が変わる裕翔くん(笑)!
スタジオ大爆笑(笑)!
大ちゃん「誰?あれ誰(笑)?」

あまりの恐怖に言葉も出ない裕翔くん、いよいよ52mの直角タワーに…!

裕翔くん「うわぁーーー※★△♯*◎」

光くん「何か言ってる(笑)」

あまりの急降下に言葉がうまく言えなくなりました(笑)!

伊野ちゃん「裏返ったね、声!」

山田くん「あんな声出すゆーてぃーはなかなか見ないね!」

そして最後はやっぱり口をパクパクさせて終了(笑)

大ちゃん「何で口パクパクすんだよ(笑)!何なんだよ(笑)!」

スタッフ「僕の見間違えじゃなかったら、さっき目の横に一筋の…(笑)」

裕翔くん「ハハハ!物理的に涙出るから…!流したくないのに出るから、しゅーって」

アルマゲドンの主題歌、I don't Want to Miss a Thingが流れる中(笑)、かっこよく裕翔くんが帰還します!

スタッフさん「かっこいい!」

裕翔くん「マジ怖かったぁ」

無事の抱擁!
光くん「何回見んだよこのハグ(笑)!」

山田くん「やっぱ、速さが怖いの?」

裕翔くん「3・2・1・Go、ビューン!って!俺多分ね、2人くらい存在してたと思う!『俺(後ろにもう1人)おるぅ!』みたいな(笑)!やばかったと思う、それくらい速ぇの!」

そんな裕翔くんの写真は、ジェットコースターっぽいアイドルの表情で好評価!

山田くん「なかなかの絶叫ぶりだね!」

スタッフさん「ええ顔してますねぇ!」

相変わらずめっちゃ笑って写ってるスタッフさんが面白いです(笑)!

ちなみにこの発車から1.8秒で時速172kmに達する乗り物は世界でこれだけということを聞き、

伊野ちゃん「よく乗ったよ…!!」

山田くんは裕翔くんの腕をめっちゃさすっていたわります!

裕翔くん「俺今一番欲しいもの…水!」

パクパクしてたので、カラッカラだそうです(笑)♪

続く、山田くんの大関は「高飛車」!内側にえぐれて落ちるレール、その角度が121度で世界一です!

山田くん「なんだろうね、なんでもかんでも世界獲りゃいいってもんじゃないから!」
頑張って、山田くん(笑)!

ちなみに写真スポットは頂上です!

スタッフさん「あそこでキメ顔お願いします!」

伊野ちゃん「ロボコップ山田は今回はなしで!」

山田くん「わかったよ!俺だってあれ故意で撮った訳じゃないからね!」

裕翔くん「何かポーズしてよ!」

スタッフさん「ポーズ決めときましょうよ!」

伊野ちゃん「カメラ目線で(両)手をこうやって伸ばす…」

山田くん「(食いぎみに)いや片手にしよう!さすがに両手離すのは俺無理だから!」

伊野ちゃん「じゃあこれ(片手)で」

裕翔くん「手を差し伸べる感じで、やさしい顔でお願いします!」

伊野ちゃん「微笑み系で!」

山田くん「見てて!どっちがほんとの高飛車か、ここで、見せてやろうと思ってますよ!」

伊野ちゃん「Hey!Say!JUMPの高飛車が!」

裕翔くん「いつものスイッチ入ったよ!」

山田くん「こんな高飛車には負けねぇんだ!本物の高飛車見せてやる!」

フラグが立ちまくりの中(笑)、乗り込みます!

山田くん「あーどうしよっかな…うわーちょっと待って、俺やっぱこれダメなんだな、ダメなんだ、基本的にジェットコースター俺は…」
やっぱり…(笑)!

山田くん「ほら来た!あーれま、あーれま」
あーれまって反応、山田くんの壊れ具合が伝わりますね(笑)!

屋外のコースを抜けると、リニアモーターカーの原理で一気に、100kmに加速!

「うわぁお!!」

そして再び現れるロボコップ山田(笑)!

大ちゃん「早いよロボコップ(笑)!出てくるの早いよロボコップ(笑)!」

すっかりうるうるポロポロの山田くん(笑)。

121度のタワー前のブレイクポイントで、

スタッフさん「さっきの加速がリニヤやったんですね~」

山田くん「うっせぇよ(ぐすっ)」
態度はしっかり「高飛車」だけど、泣いちゃう山田くんがかわいいです(笑)。

そしていよいよタワーを上ります!

山田くん「ううううーこわいよ…、ううー、あーれま、あ、あ、あー」

スタッフさん「山田さん、写真スポットありますよ!」

山田くん「うるせぇ、ばか」

山田くん「待ってよ、待ってよ、待ってよ、来るんだろ、来るんだろ、来るんだろ?どこ?無理無理無理!とりあえずどこー?無理!ちょっと待って待って待って、待ってがんばる!がんばる…やっぱ無理!これ無理!!!」

山田くん「無理無理無理、…うわっ、ひどい」
ここで急降下!
ひどいって(笑)!

裕翔くん「腕を伸ばしきってた?あの人ちゃんと(笑)」
伊野ちゃん「これくらい(ちょっとだけ)でしたよ!」

そして何とか乗り終わった山田くんに、異変が(笑)!
余裕の笑顔で登場です!

山田くん「高飛車too easy(楽勝だぜ)♪」

さすがHey!Say!JUMPの高飛車(笑)!
でも全然楽勝には見えなかったけど(笑)!

伊野ちゃん「やっぱスパーランドで成長してるね!」

山田くん「Easy!Easy!」

山田くん、キャラが大変なことになってます(笑)!ってか、「高飛車」ってそんな感じだっけ…(笑)?

伊野ちゃん「ってことは、写真も相当いいできなんじゃないですか?」

山田くん「頑張ったもんね!」

が、

伊野ちゃん「手、全然伸びてないよ!」

スタッフさん「どんな顔してる?」

裕翔「顔、顔(笑)、((‘>~<`)⬅こんな顔の顔まね)」

山田くん「やっぱねぇ、すっげえ怖えよ!」

怖いですよねー、やっぱり(笑)!
山田くん、キャラを守りつつ、よく頑張りました!!
②に続きます!