すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

「真面目」なJUMPについて。【どんなもんヤ3/1】

f:id:kaosi:20160302185330j:plain

楽しみにしていた「どんなもんヤ」を聴きました!

剛くんが次々と繰り出すシュールな小ボケが本当に面白くて、にやにやしながら聴きました♪
本当に今更ですが、剛くんってトーク上手いよな~としみじみ思いました!
あと、京都のゆるキャラ(一番上の画像はその1つ)は半端ないですね…(笑)!

対する大ちゃんと裕翔くんは、距離感を探りつつ…という感じでした!
バックについたことのあるやぶひかとか、KinKi大好きな山田くんとは違い、2人は剛くんとほとんど絡んだことがないということで、とても初々しい感じのトークでした!
真面目でしっかりしている大ちゃんと裕翔くんなので、あまり心配はしていなかったのですが、やはり先輩のボケに少し戸惑う(笑)、感じの良い真面目な後輩という感じで、良かったと思います♪

でも、正直な感想を言うと、剛くんのボケをもっと拾って欲しかったし、上手くツッコんだり、自分たちからもっと話を広げたりして欲しかったです…!
仲の良いまっすーや大倉くんや、共演の多い嵐の5人と比べて、ほとんど話したこともない、年も離れた先輩相手なので、なかなか難しいとは思うのですが…;

特に一番残念だったのが、これから一緒に仕事する機会があったらいいね、と剛くんが言ってくれた時の2人の反応です。

「バックについたこともないですし…」

「硝子の少年とか、踊れる曲はいっぱいあるんですけど…」

じゃなくて、

「この曲が好きなので(この曲なら踊れるので)、バックで踊らせてください!」

って言って欲しかったなぁ、と思います。
カウコンで、中継に映らないところでJUMPみんなで硝子の少年を踊ってた事とか、剛くんに直接伝えて欲しかったな、と思いました。

せっかく先輩との接点を増やすチャンスだったので、とにかくもっと自分たちから、積極的にいって欲しかったな、と…。

やぶひか(+たまに伊野ちゃん)以外のJUMPメンバーは、事務所の先輩と絡む時、その真面目さ故、とても礼儀正しいのですが、緊張なのか、はたまた人見知りなのか、大人しくなってしまう傾向があると思います。
私はそれが凄くもったいないな~と思っていて。
なので、これからもっといろんな先輩たちと仲良くなって、JUMPらしく、のびのびと振る舞えるようになったらいいなぁ、と思います!

ところで、「どんなもんヤ」の前に「KちゃんNEWS」をやっていたので、合わせて録音して聴いたのですが、昨日は手越くんがゲストの回で、相変わらずめちゃめちゃ弾けてました…(笑)!

大笑いしながら聴いて、あのテンションはやっぱりJUMPには出せないな…としみじみ手越くんの凄さを実感したのですが、JUMPメンバーがこのテンションだったら、多分こんなに好きになってなかっただろうな、とも思いました(笑)。

手越くんの振り切ってる感じ、大好きなんですけど、それは言わば、友達としての「好き」というか、
JUMPに感じる、淡い恋のような「好き」とは種類が違っていて。
私はやっぱり、何だかんだ言って、JUMPの真面目さが好きなんだなぁと思いました。
手越くんが「女の子の変顔」について、飲み会の席で、友達なら全力で変顔する子がいいなぁと思うけど、彼女にしたい子ならギリギリで止めて欲しい、って言っていたのですが、まさにそんな感じです!
何か、いつもNEWSにはJUMPへの気持ちに気づかせてもらってる様な気がします(笑)。ありがとう、NEWS!!

いろいろ書いてしまいましたが、好きな人同士が絡むのはとても嬉しかったです♪
うるぱわでは今回の飛び入りの話をしてくれる様なので、そちらも楽しみにしたいと思います♪