読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

器の大きいお兄ちゃん。【薮くん10000字インタビュー】

10000字インタビューの記事、せっかくなので、Viva! 9's SOULの順に書くことにしました!
ということで、知念くんの次は、薮くんの事を書きます♪

薮くんのことは、Jr.時代から知っていました!
ほんと、天使みたいでしたね~♪
サラサラの髪、黒目がちな目。
優しい微笑みと、高い声。
可愛かったなぁ♪

歌は当時からとても上手で、「世界がひとつになるまで」を聴いたとき、かなり驚いたことを覚えています♪
「こんなに小さいのに、こんなに歌が上手いんだ!」って。

その後、私はジャニーズからすっかり遠ざかっていた為、JUMPにいる薮くんを見た時は、その成長っぷりに本当に驚きました!
「こんなに大きくなって…!!」と、まさに親戚のおばちゃん状態(笑)。
そこにはもう天使はいなかったのですが(笑)、大人になっても相変わらず歌が上手くて、にこにこしている薮くんがいました♪

私にとって、薮くんの一番魅力は歌の上手さです!
メインで歌うときはもちろん、ハモりでも、その音域の広さや、伸びのある綺麗な歌声を存分に披露してくれます!
そして、薮くんは基本高めで優しい声というイメージですが、曲によっては低い声でハモっていたり、シャウトしていたり、「ここも薮くんなんだ!」と驚かされることが多々あります!
JUMPing CARの、「真夏のsweetest honey(知念くんパート)」のとこの低音ボイスのハモリとか、本当にかっこいいですよね♪

そして、ダンスや立ち姿がとても綺麗なところ!
姿勢が良いというか、1本芯が通ってるような感じがします。私はダンスは詳しくないのですが、見ていて単純に美しいなと思います♪
薮くんのダンスを見てると「正統派」という言葉が思い浮かびます。「自分らしさ」とかはあまり感じないのですが、きちんと、正確に、難しいフリもしっかり自分のものにして、さらっと踊っている感じ。
基本がしっかりしているんだろうなぁ、と思うのですが、この辺は薮くんがジャニーズのエリート中のエリートであることを思い出させます!

そして、やっぱりあの笑顔ですね♪
アイドルとしてのキラキラした笑顔というよりは、人の良さが滲み出ている、ふにゃーっというか、くしゃーっとした笑顔♪
「ニコニコおじさん」って自分でも言ってますが(笑)、私はあの笑顔を見るととても癒されます!

話し方も優しいんですよね!声も優しいし、トーンも優しいし、言葉遣いも優しい。
末っ子で、先輩達にも可愛がられてきた薮くんは、ほんとは弟キャラなのでしょうが、メンバーへの視線や声のかけ方を見てると、JUMPの時はほんとに優しいお兄ちゃんなんだろうな、と思います♪
たまに壊れるのはご愛嬌ということで…(笑)!

そんな薮くんのことを、他のメンバーは各自の10000字インタビューで、下記のように語っていました。

●知念くん

おぼえてるんですけど、薮くんと、たまたま取材がいっしょになったことがあって。会話はないんですけど、隣に座ってた薮くんが、僕のヒザをポンって叩いてくれて。僕も薮くんのヒザをポンって叩いたりして。そういうことをしてもらって、少しずつなじんでいった感じです。

●山田くん

八乙女くん、薮くん、俺は何回もぶつかった。特に薮くんとは。意見が合わなくて、ケンカ別れみたいになったこともあって。
でも次の日、"おはよー"って自然に肩を組んできて、"昨日、ああ言ったけど、お前の気持ちわかったから。だけど、俺みたいな考え方もあるってこともわかってよ"って。細かい部分では意見がちがっても、目指すとこはいっしょなんだなって。いちばん、俯瞰でJUMPが見えてる、この人がいるからバランスが取れてるんだなって。

●髙木くん

メンバーにはやめようって思ってること言えなかったけど、たぶん、薮くんとかは、気づいてたんだと、今だからですけど思うんですよね。
『ごくせん』のメンバーで遊んでるとこに、突然来て混ざったりして。俺以外、知ってる人誰もいないのに。
正直、あのころの俺は"ウゼーな"って思ってて。だけど、そういうことしてくれたから、俺はJUMPの現場にも、ちゃんと行ってたんだと思う。行くのやめよっかなって思ったときもあったから。ありがたかったよね。

●圭人くん

薮くんや光くんとかも、まちがえたら必ず指摘してくれたり、本気で怒ってくれて

みんなの優しいお兄ちゃん、薮くん。
見守るだけじゃなく、行動力がありますね。
薮くんは、髙木くんに思いが通じたかと訊かれて、

わかんない。でも何年後かに、"あんとき、俺、変だったな"みたいなこと思ってくれればいいかなくらいの感じだったんで。"なんで、あのとき薮ちゃんがいたんだ?"って(笑)

と答えています。
圭人くんに何か言われたかと訊かれて、

いや、岡本は今でも精一杯だから(笑)。それがあいつの良さだし。

と答えています。

見返り、全然求めてないんですよね。
薮くんの深い優しさと、グループのリーダー的存在としての責任感を感じます。

●大ちゃん

(光くん・薮くんがJUMPに入ったことについて)心強かったです。ずっと憧れだった、ふたりだから

●山田くん

(母親につれられて見に行ったKinKiのコンサートで)そのときちょうど、薮くんや光くんが出てて。"あんな小っちゃいコもがんばってんだ。すごいな"って。

その後、Ya-Ya-yahの公開オーディションで合格した山田くん。

(JUMP結成を知らされた時)あの瞬間は嬉しかったけど、戸惑いましたね。だって、KinKiのコンサートを見に行った時に出てた、薮くんと光くんもいたんだよ。そのふたりといっしょ。"ホントこれ!?"って思いましたね

同じメンバーからも、憧れの存在として見られていた薮くんと光くん。
それだけ、幼い頃から第一線で活躍していたということですね!

そして、特別な光くんとの関係。

まずは、お互い第一印象が悪かったという話。
●光くん

オーディションの日、小クラのリハをするってなって、薮が歌ってるのを、後ろで見てたんです。薮、歌い終わって、遠いとこから、こっちをジローって見るんですね。薮的には、"新しいコ、来たんだな"ってだけなんでしょうけど、なんかにらんでる様に見えて。"東京のヤツって態度悪いな、チョーやなヤツじゃん"みたいな(笑)

そのあと、俺は『勇気100%』の練習をしたんですけど、緊張して全然歌えなくて。で、"いっしょに歌ってあげて"って薮が呼ばれて。俺とは一瞬も目を合わさないで、こんなのできて当たり前だろ、みたいな感じで歌うんですよ。"やっぱコイツ、やなヤツ!"って思った(笑)。でも、身長も同じくらいだったから、いっしょにやることが多くなってって。レッスンも、リハーサルも、休憩時間もずっと一緒で

でも、一緒にいるうちに、その印象は変わっていって。

Ya-Ya-yah』の歌収録を本格的に毎週やるようになって、俺はまだ宮城に住んでたから、土日しか来れなくてリハに出れない。だから、本番当日に薮に教えてもらうしかなくて。一生懸命、教えてくれるんですよ。だんだん、"あ、悪い人じゃない"って

●薮くん

すごく踊りがうまいコがいるって聞かされてたから、"どんなコなんだろう?"って思ってて。
で、"歌収録で『100%勇気』を、このコと一緒に歌うから、教えてあげて"って紹介されて、僕はプライドじゃないけど、"なんでコイツに教えなきゃいけないんだよ"って思って。"教えてください"みたいに来たんだけど、"そーさー100%ゆーきー"って、すごいぶっきらぼうに歌って(笑)。そっから、光とは、もう11年くらいたつんだよね。ホント、長いよね

そして、デビューが決まってからは、他のメンバーとの差を感じたり、グループを引っ張っていく立場として、悩むことも多かった2人。
●光くん

やっぱ、"なんかヘンだな"って思ったとき、パッて薮の顔を見ると、同じような顔してたりするんですよ。いっしょのこと思ってたんだって。

俺らは、自分たちはできてないって自覚があったから。でもまわりはもっとできてない。俺たちが引っ張っていくしかないよねって

●薮くん

いろんな選択のときに、直接言葉をかわしたとかはないけど、光の存在は大きいかな。"悩んでるの、俺だけじゃないんだな。光も同じようなこと考えてんだろうな"って。
ずっと一緒にいたし、与えられた役割も環境もいっしょだったわけだから。
ふたりで、"こうしてこうぜ"なんて話は、あんましなかったけど。あいつの存在で、悩んでるのは自分だけじゃないって思えた事が毎回心の支えになってた。どんなターニングポイントもひとりじゃなかったから

お互いがお互いの、かけがえのない支えになっていたんですね。
ここでは詳しく触れませんが、Ya-Ya-yahから2人だけデビューしたということも、かなり辛かったと思うのですが、「ひとりじゃない」ということで、どれだけ救われただろう、と思います。

2人の関係と、「やぶひか」と呼ばれることについては、以下の様に話しています。
●光くん

俺と薮は全然タイプが違う。だからファンの人に"やぶひか"って言われると"何が?"って感じが最初はしてて。俺ら全然ちがうしって。タイプがちがうから、薮とうまくやってけるっていうのもあると思うし

でも、タイプはちがうけど、ずっとこのグループをどうにかしないと、ってお互い考えてきた。なんていうか、最終目標が同じ。同じ山を別々のルートから登ってるけど、目指してるところはいっしょなんだって気がする。そんな俺らの関係を感じ取って、ファンの人は"やぶひか"って呼んでくれてるのかなって。

●薮くん

(2人の関係は)戦友、親友、ライバル、兄弟…。なんか全部あてはまるかな

性格が真逆で、あいつはすごく計画的、自分は行き当たりばったりだから、もめたことも何回もあったけど

(やぶひかと呼ばれるのは)なんか、恥ずかしいんで、やめてよみたいな感じなんですけどね(笑)

さっき、やぶひかって言われるのヤダって言ったけど、そう呼ばれるのはやっぱどっかうれしかったりもするんですよね。誇りというか

この2人が同じグループで、本当によかったな、と思いました。
これからも「やぶひか」って呼びますね(笑)♪

続いて、薮くんのメンバー、グループに対する思い。

自分のために努力をするってことは、グループの成長に変わってく。だから、まず自分がちゃんとやんなきゃダメだ、っていうのをみんなわかってきたのかな

メンバー個別の活動を見てると、"こいつすげーな"って思ったり、"俺だったら、もっとこういうふうにできるな"って思ったりする。同じこと、みんな思ってると思う。もちろんKis-My-Ft2A.B.C-ZSexy Zoneもライバルだけど、俺たちは、グループの中でもみんながライバルだから。
例えば、誰かがドラマで主役をやったら、そのコに注目か集まるのは当たり前。で、そのメンバーがグループに戻って活動してる時、Hey!Say!JUMPっていうグループを、初めて知るっていう人もいるはず。"あのドラマに出てるコ、Hey!Say!JUMPなんだ"って。それがグループがよくなっていくサイクルだと思うんで。

私は完全にこの流れでJUMPにハマったクチなので、薮くんの考えた通りの未来が実際のものになってきてるんだな、と思いました。
そして、各メンバーの個性が発揮され、各々がいろんな分野で活躍し始めている今、ますますJUMPのファンは増えるんだろうな、と思いました。

僕は、やっぱ最近まで"薮くん"ってメンバーに呼ばれてたんですよ。"薮くん"から"薮ちゃん"に変わったのって、ここ1~2年で。伊野尾と光以外は、ずっとくんづけだったんだけど、いつの間にか薮ちゃんに変わって。先輩って見方じゃない。グループの一員、仲間になったんだなって。同じ目線に立てるようになったっていうのは、いいことだなって思う

グループ結成当初、他のメンバーからの先輩という見方を変えたくて、垣根を取り除きたくて、めちゃめちゃふざけたという薮くん。
結局、振り付け師さんからの指摘があり、ふざけるのはやめて、他のメンバーのお手本になるように率先してキチンと振る舞うことにした薮くんですが、今、求めていた「全員でグループになる」という形になって、物凄く嬉しいだろうな、と思います。
最近は知念くんに「宏太」って呼ばれてるくらいですもんね(笑)。

どこに出ても恥ずかしくないっていうグループを目指してる。さっき話したけど、一日一日、みんなすごく大事にしてる。今、がんばんなきゃいけないっていう気持ちが、共通認識としてあるから。だから、"これから自分たち、どう変わっていくんだろう?どう変われるんだろう?"って考えると、いい方向に変わっていくって気しかしないんですよね。みんな、"自分に足りないものは何か?"って考えながらやってる。向上心の塊だから。今、楽しみでしょうがないです。僕たちの未来が

このインタビューは2014年の1月のもので、今、その時よりJUMPの活躍の場は確実に増えましたが、今でも変わらず向上心の塊だな、と感じることが多いので、これからもJUMPの未来が楽しみです!

★総括
薮くんは、器の大きい人だな、と思います!
引っ張っていくというよりは、どーんとみんなを見守っていて、必要な時には背中をそっと押してくれるような人。
誰よりも経験があるし、実力もありますが、自分が前に出ることより、周りを立てることのできる人。

コンサートのDVDを見るといつも思うのですが、薮くんって、よく観客をコンサートに「参加」させてくれますよね!観客に歌を振ったり、一緒に振り付けを踊るように盛り上げたり。

きっと、自分だけで楽しむんじゃなくて、楽しいことや嬉しいことは、みんなで気持ちを共有したい人なんだろうな、って思います!
光くんもそういう場面が多いなと思うので、この2人が支えているHey!Say!JUMPというグループは、優しくて温かい空間をメンバーとファンで共有できる、素敵なグループになったんでしょうね♪

さて、触れないわけにはいかないので触れますが、この10000字インタビューの約半年後、薮くんにはあのスキャンダルがありました。
せめて、もう少し好感度の高い写真だったらなぁ…とは思いますが、続報はない様なので、失敗を繰り返さない様にしっかり気をつけてるんだろうと思いますし、今その事を責めたりするつもりは毛頭ありません。

ただ、恐らくその影響もあり、薮くんは今でも他のメンバーと比べて、あまり活躍を目にする機会がないのが、とてももったいないなぁと思っています。
(もちろん、舞台での活躍はあるのですが)
「切なさ、ひきかえに」も、いつかコンサートで歌ってるのを聴いてみたいなと思います。

だから、薮くんのこと、これからも応援します!
とりあえず、薮くんにも何かしらのレギュラー番組が欲しいです!!
前にも書きましたが、ラジオやってほしいな~♪
あとは、薮くんがやりたいと言っている、サッカー関連のお仕事が出来たらいいですね!!
そして、UNIONみたいなかっこいい曲をメインで歌う薮くんをもっともっと見たいです!
これからもっともっと、薮くんの魅力をたくさんの人に知ってもらえるチャンスが増えますように!