すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

平和でかわいい「やまけと(ちね)」。【ウルジャン4/7 】

昨日、野球大会のチケットが届きました!
席は三塁側のスタンドということで、とりあえず人の形には見えるかな…と思っています(笑)!
既にそわそわ…(笑)!とりあえず、約10年ぶりの光一くん以外は、今のところテレビか雑誌でしか会ったことがない人たちばかりなので、現実に存在しているということを確認してきます(笑)♪
夢の中過ぎてちゃんと意識があるか心配ですが(笑)、無事でしたら感想書きますねー!

そして、昨日はduetも届きました!
Amazonからの袋を開けたとたんに、想像以上にかわいくてかっこいい知念くんに会う事ができ、もう表紙だけで感無量でした…(笑)!!
あぁー、知念くん…!!何でそんなに魅力的なんだ…!!!
最近自分の中で知念くんが熱いので、すっごく幸せです♪
そして、中のドラゲナイ的な(笑)他のメンバーも、みんなかっこ良くて…♪♪♪
個人的に、やぶひかの2人は動画>静止画だなぁと思っているので、この2人の写りがいいと凄く得した気分になるのですが(笑)、そういう意味でも今回のduetは素晴らしかったです!!
そして黒髪の大ちゃんがツボ…!!…好き(笑)!!

そしてduetは紙の質が良いですね…!!
それだけでテンションが上がる私…(笑)!
来月も楽しみです!

そんなduetでも文字起こしされていたのですが、先週のやまけとのウルジャンがだいぶ楽しい感じだったので、記録に残します!

~オープニング~

山田くん「こんばんは、Hey!Say!7の山田涼介です!『Hey! Say! 7 Ultra JUMP』、今週は山田涼介がお送りしていきたいと思います」

山田くん「まぁちょっと今週一人でやっていくつもりだったんですけども、あの、一昨日ですね、僕札幌に、あ、一昨日ってまぁ、収録してる日の一昨日なんですけども、僕札幌にいまして。ふと思った、山田は。『2日後のラジオ、岡本はきっと暇をしているだろう』と。『ちょっとノリで呼んでみちゃうか』と。」

山田くん「マネージャーにお願いして、その場で岡本に確認したところ、えー、岡本、案の定暇でございまして。なんと今日、ちょっと、来てます!ゴリラが!」

圭人くん「ゴリラちゃうわ!!!(山田くん「ふふふ(笑)」)Hey!Say!7の岡本圭人です!!」

山田くん「うわ、来たー!」

圭人くん「いやぁ、超忙しかったからね、普通に」

山田くん「お前、だって先週…」

圭人くん「一昨日位にマネージャーさんから連絡来たじゃん、連絡来たわけよ。『今日空いてます?』って。『いや、ちょっと空いてないですね』って。『いやもう、いっぱい予定あります』。でもまぁ山ちゃんから誘ってもらったからね、全部予定消してね…」

山田くん「いや基本的に彼の予定は僕と遊ぶという予定しかないんですよ。(圭人くん「ははっ(笑)」)昨日もね、昨日もね、僕の家でね、あのー、知念と圭人と、僕のこの3人でですよ、なんと『ツイスター』やりまして」

圭人くん「ツイスターゲームやりましたね、昨日は(笑)」

山田くん「ツイスターやりました(笑)。…まぁ盛り上がったね(笑)!」

圭人くん「まぁ盛り上がった(笑)」

山田くん「まぁ何かこうね、プライベートでも(圭人くん「そうだね」)交流が多いから。知念はちょっとほんとに忙しいから来れなかったんだけど、まぁゆーてぃも忙しいし。」

圭人くん「そうだね」

山田くん「暇なのお前だけなのよ」

圭人くん「こらこらこらこら(笑)」

山田くん「だから今日はちょっと2人で」

圭人くん「そうですねー」

山田くん「お送りしていきたいと思います」

圭人くん「2人で。お願いしまーす」

山田くん「最後までお楽しみくださーい」

~ジングル~

山田くん「『変な○○~!!』」

圭人くん「○○~!」

山田くん「日常生活の中で見つけた変なもの、友達や家族が作った変なルールなどなど、「変だな」と思ったことを自由に送ってもらうコーナーでございます!」

圭人くん「はい」

山田くん「こちら、ペンネームまゆりんさんからいただきました」

圭人くん「まゆりんさん、まゆさんなのかな♪」

山田くん「えー、『最近変だと思うのは、山田くんと圭人くんの関係性です』」

圭人くん「おうおうおうおう」

山田くん「なるほど」

山田くん「『ほぼ毎日一緒にいるという話は知っていましたが、雑誌でGPSでお互いの場所がわかると聞いたときは、さすがに2人の関係性に怖くなりました』」

2人「ははははは(笑)」

山田くん「『この2人の関係について、JUMPのメンバーはどう思っていますか?』」

圭人くん「GPS!」

山田くん「GPS(笑)!」

圭人くん「いやいやこれ、内緒だったのに(笑)!」

山田くん「いや俺が言ったんだよね、何かで」

圭人くん「言ったの?」

山田くん「うん」

圭人くん「うちらは言ってないよね」

山田くん「誰かが言ったのか」

圭人くん「多分誰かの、対談とかで多分言ったんだよね。GPS、はぁ、まぁ、端から聞いたらね」

山田くん「まずキモいよね、単純に。単純にキモいわ、普通に」

圭人くん「はははは。普通に考えたらね(笑)」

山田くん「いやぁ、異常だよ」

圭人くん「異常なのかな?」

山田くん「いや、他のグルーでいねぇぜ?GPSで他のメンバーの位置見てる人」

圭人くん「ふふふふ(笑)」

圭人くん「超楽じゃない?」

山田くん「いや、超楽だよね。そう、いや、だから、圭人…いや、ほんとにそんな、ほんとに友達が多い方じゃないから。マジで遊ぶの圭人と知念と一般の友達2人くらいじゃん。ゆうすけとまさ。」

圭人くん「ゆうすけとまさ(笑)」

2人「ははははは(笑)」

山田くん「で、まぁその圭人と知念はスケジュール把握してて、後は君たちがどこにいるのかを知っておけば」

圭人くん「うん」

山田くん「僕はいつでもどこでも誘えるわけですよ!」

圭人くん「そうですよね」

山田くん「ただ知念に関しては、頑なに教えてくれないね!」

圭人くん「へへへへへ(笑)」

山田くん「GPS !あれー、何」

圭人くん「知念ねー(笑)。一時期あったんだけどね、一時期分かってたんだけど、みたいな(笑)。
いや、でもね、なんて言えばいいんだろうね、普通に、普通に友達なのかな?なんだろう」

山田くん「待って、そこに疑問持ったらなんかキモいぜ?キモさ倍増だぜ?」

圭人くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「その言い方特に。『普通に俺らって友達なのかな』、みたいな。」

圭人くん「いやいやいやいや(笑)。なんか、だからこういう場ではさ、一応仕事仲間っていうわけでもあるわけじゃん」

山田くん「うん」

圭人くん「でもまぁプライベートでは」

山田くん「そうだね、まぁ『親友』みたいな感じかな」

圭人くん「関係性って言われると何か難しいよね、家族とはちょっと違うし」

山田くん「でもまぁ戦友でもあり、親友でもあり」

圭人くん「そうだねー」

山田くん「だからほんとにぶっちゃけ家族より全然一緒にいる時間長いし」

圭人くん「長いねー、確かに。でもあれ、あれ一番面白かったんだけど。何か、去年の末くらいに、忘年会シーズンとかで、俺と知念と山ちゃんで『忘年会しよう』って言って」

山田くん「あれやばかったね!」

圭人くん「やばかった(笑)。で、一時間くらい全く会話なかったんだよね」

山田くん「なかったねー」

圭人くん「ずっと携帯いじって、みたいな。で、山ちゃんが、『よし、今だから言える暴露話!…何もないね、うん。よし、帰ろっか』って言って(笑)」

山田くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「そう、1杯だけ飲み物で乾杯して、その1杯飲んで、会話がなかったから盛り上げようと思ったら、もう今までに僕らがこう、お互いに知らない事が無さすぎて」

圭人くん「うん」

山田くん「暴露する話もなかった」

圭人くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「いや、違う、ゆーてぃーも誘ったんだよね」

圭人くん「そうなんだよ」

山田くん「ゆーてぃちょっとその後仕事終わりに予定があって、来れなかったんだけど」

圭人くん「いつも急だからね」

山田くん「そう、俺らホント急だから」

山田くん「ゆーてぃちょっとね、予定があったりするから」

圭人くん「予定があったりするから難しいけど」

山田くん「でもまたやりたいね」

圭人くん「うん、やりたいね、7会みたいなね。7、4人で集まって、みたいなの」

山田くん「彼らのやっぱGPSを聞くしかないね」

2人「裕翔と知念」

圭人くん「うわ、裕翔超嫌がりそう(笑)」

山田くん「いや、絶対嫌だよ。普通無理でしょ」

圭人くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「『いや普通に無理でしょ。』っていうこのテンションで言ってくるから、俺ら『すみません』としか言わないと思います」

圭人くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「まぁいずれね。多分近々7会やるんじゃないですか。このペースでやってたら」

圭人くん「やりたいですね。そうですね」

山田くん「これからも変な校則、変な先生などなど、変なこと、変なもの、教えてください!以上、変な○○でした!」

~ジングル~

山田くん「『涼介の部屋』!」

圭人くん「よっ!」

山田くん「Year!」

圭人くん「Year !」

山田くん「あのー、2人以上ね」

圭人くん「うん」

山田くん「こう、僕ともう1人、こうまぁBESTからでもいいですし、7からでもいいんですけれども、2人以上揃った時に、何話してもいいよ、ってコーナー」

圭人くん「フリートークですね」

山田くん「何でもいいよ!何かある?」

圭人くん「昨日の話とかしてみる?」

山田くん「昨日の話?何で、何で、その何だっけ、その、ツイスターやったかっていう」

圭人くん「そうそうそう(笑)、とか、ツイスターの前に何したかとか」

山田くん「ああ、いいよ、それ話そうか」

圭人くん「まず3人で、仕事終わってカラオケ行ったんだよね」

山田くん「カラオケ行ったね!」

圭人くん「カラオケ行って、で、歌って、まぁ何か、何か山ちゃんがね、服買いたいって言って、服買いものして」

山田くん「服買いに行ったね」
 
圭人くん「まぁ今日着てる服」

山田くん「今日着たよ、俺、これ。買ったよこれ」

圭人くん「うん、絶対着てくるんだろうなぁと思ってた(笑)」

山田くん「着ちゃうよね!」

圭人くん「ふふふふふ(笑)」

山田くん「やっぱ」

圭人くん「それ買って、その後ご飯食べに行ったんだよね」

山田くん「何食べたっけ?」

圭人くん「焼き鳥だよ、焼き鳥」

山田くん「あー焼き鳥、焼き鳥ね」

圭人くん「昨日の話ですよ(笑)、大丈夫?」

山田くん「俺ホント、今日の朝のこととかあんま覚えてないから」

圭人くん「今日の朝までも覚えてないの(笑)?」

山田くん「覚えてない、もう基本的には」

圭人くん「その後、それが山ちゃんちの近くだったんだよね、ご飯やさんが」

山田くん「そうそうそう」

圭人くん「で、山ちゃんが一回解散しよっかって、帰ろっかって言ったんだけど、俺と知念でちょっとついてって、山ちゃんち行ったんだよね(笑)」

山田くん「そう。何かね、来た」

圭人くん「ふふふふふ(笑)。で、山ちゃんがゲームやってて、俺が見てて、したら知念が寝ちゃったんだよね」

山田くん「寝たね!」

圭人くん「で、どうしよっか、知念どうやって盛り上げよっか、っていうので始めたんだよね」

山田くん「そう」

圭人くん「ツイスターゲームと、某ワニのゲーム(笑)」

山田くん「うん、ワニの、何かこう、歯を押したらガンってなるやつね(笑)。」

圭人くん、「ガンってなるやつやって(笑)、その後ツイスターゲームやって、知念が何かビデオカメラにハマってんだよね」

山田くん「そう、何かそれを、自分で撮って、編集してんだよね、あいつ。家で」

圭人くん「そうそうそう。で、自分でそれを見て楽しんでるみたいな」

山田くん「そう、何が楽しいのか俺には分からないんだけど」

圭人くん「全く分からないけどね(笑)」

山田くん「まぁ『最強の暇潰し』と彼は言ってるけど」

圭人くん「そうだね」

山田くん「何が楽しいんだか…だから、それ用の素材を撮りたいって言ってたから。常に持ち歩いてるし、あいつ。ビデオカメラと、あのー、」

圭人くん「三脚、三脚」

山田くん「三脚と、あのー、ね、タブレット端末と」

圭人くん「そうそうそうそうそう。で、ツイスターゲームがまたね、楽しかったね」

山田くん「楽しかった!」

圭人くん「何か条件付きみたいのがあってね」

山田くん「あのねー、今のそのゲームね、すごい何か、進化してて」

圭人くん「ちょっと進化してるね」

山田くん「だから、赤を右、あ、右手を赤とか、そういうだけじゃなくて、何かフリーゾーンみたいなのがあるんだよね」

圭人くん「あるね」

山田くん「紫の」

圭人くん「うん」

山田くん「それだったら、こう、回してる人が勝手に指令を出してよくて、複雑な形にしてやろうって、俺はもう凄い指令出したし、こう、例えば『右足を黄色に置きながら、カメラに向かってどえらい顔』とかね」

圭人くん「ふふふふふ(笑)。あったね(笑)」

山田くん「うん」

圭人くん「『左手を赤に置きながら、お互いの好きなところ』とか」

山田くん「そうそうそうそう」

圭人くん「で、俺と知念がやって、最後何で終わったんだっけ。山ちゃんが知念に、『右手を何色かに置いて、一発ギャグを披露してください』って言って、知念が『ふとんがふっとんだ!』って言って、俺が崩れ落ちた」

山田くん「そうそうそうそう。しょーもない」

圭人くん「そう、しょーもない。話にするとちょっとあんま面白くないんだけど。いてほしかった!」

山田くん「そうだね、見てもらいたかった」

圭人くん「見てもらいたかったね」

山田くん「あの動画ね、あの動画見て欲しいわー!」

圭人くん「見て欲しいなぁ~(笑)!」

山田くん「すっげー楽しかったんだから!!!」

2人「ふふふふふ(笑)」

圭人くん「超楽しかったね!」

山田くん「すげー笑ったんだから!」

山田くん「またやろうな♪」

圭人くん「またやろうね(笑)!」

圭人くん「っていう、最近の近況でした!」

山田くん「曲選んで!」

圭人くん「はい。あります」

山田くん「あります?」

圭人くん「大丈夫です」

山田くん「はい、どうぞ」

圭人くん「それではここで一曲聴いてください。Hey!Say!7で」

山田くん「『ただ前へ』」

~ただ前へ~

~キャラメルポップコーンのCM~

~ジングル~

山田くん「あっという間にお別れのお時間でございます」

圭人くん「いやー、お別れのお時間ですよ」

山田くん「いいねー」

圭人くん「いいねー」

山田くん「うん?何ですか?」

圭人くん「でもこうやって7ふたりで話すのって、むちゃくちゃ久しぶりじゃない?ラジオで」

山田くん「2年ぶり?」

圭人くん「2年以上前らしいよ」

山田くん「2年ぶりか」

圭人くん「そう。いやー、でも楽しかったです」

山田くん「楽しかった楽しかった」

圭人くん「楽しかったです」

山田くん「えー、『Hey! Say! 7 Ultra JUMP』では、いろんなコーナーをやっています。気軽にはがき、メールを送ってくださいね」

圭人くん「はーい、宛先は郵便番号…(宛先)」

山田くん「さぁ、最後にこのコーナーいってみましょう!『幸せエンドレス』!」

圭人くん「おっ!」

山田くん「この幸せはエンドレス、一生忘れられないなぁというお便りを紹介していきます」

圭人くん「はい」

山田くん「大阪府ラジオネームカンナさんからいただきました」

圭人くん「カンナさんからいただきました!カンちゃん!」

山田くん「『私の学校には、合唱コンクールがあります。どのクラスも金賞をとりたいのですが、私の学校は生徒数がとても多く、2年生は9クラスもあります。』」

圭人くん「うん」

山田くん「『私のクラスは金賞をとれるように、どうしたらいいのか、音楽の先生に訊いたら、最後にポーズを入れたらいいと言われたので、歌の最後にポーズを入れることにしました』」

圭人くん「ほう」

山田くん「『担任の先生と他のクラスの人たちには内緒でやろうとなったので、練習時間が短く、5回くらいしかできなかったので、練習では1回もポーズが揃いませんでした。
不安なまま、当日。全員が緊張と戦いながら歌い、無事、クラスの歌が終わりました。なんと、他のクラスの子に訊いたら、全員ポーズがぴったり揃っていたというのです』」

圭人くん「おお~っ!」

山田くん「『担任の先生は何も知らなかったので、びっくりして固まっていたそうです。そして、私のクラスは金賞をとることができました』」

圭人くん「おお~っ!」

山田くん「『本番で初めて揃い、金賞を獲ることができて幸せな気持ちになりました』」

圭人くん「幸せエンドレス!」

山田くん「…えっ、いつもそんな感じで終わらせてんの?」

圭人くん「いつも何かこれ聞いて、『あぁほっこり、あぁ気持ちいい、あぁいい気分にしてくれてありがとうございます。そんなあなたに、アーモンドポップコーンあげちゃうよ!フゥ!』」

山田くん「あー、そのテンションね」

圭人くん「そう!」

山田くん「ついてけねーわー」

圭人くん「フッフッフッフッ(笑)」

山田くん「なるほどね」

圭人くん「いや、でも、俺すっげー好きなんだよこのコーナー」

山田くん「まぁ幸せな気持ちになれるからね」

圭人くん「そうそうそう」

山田くん「何かありましたか?最近幸せな気持ちになったエピソード」

圭人くん「最近幸せな気持ちになったエピソード(笑)」

山田くん「いいですよ、近々の話でもいいですし」

圭人くん「近々の話ですか?」

山田くん「何でもいいです」

圭人くん「まぁでもぶっちゃけ言うと、まぁもちろん昨日も普通に幸せだったんですけど」

山田くん「うん」

圭人くん「まぁ一番幸せだったのが、まぁ一昨日マネージャーから連絡が来て、まぁ山ちゃんが一緒にラジオやりたいよって言ってくれた事が、一番幸せエンドレスでした」

山田くん「(被せ気味に)あなたが幸せを感じたエピソードを募集しておりま~す!このコーナーで採用された方には、ブルボンアーモンドキャラメルポップコーン12袋入り1箱をプレゼント致します!住所と名前を書き忘れないでくださいね~!
…俺も幸せだったよ♪」

圭人くん「ふふ(笑)」

山田くん「ということで、来週もお楽しみに!お相手は山田涼介と」

圭人くん「岡本圭人でした!」

山田くん「また来週!」

圭人くん「バイバイ♪」

★感想

いやー、ツッコミどころが多すぎて…(笑)!!
GPSって!それが大丈夫なやまけとの関係って、親友を越えてますよね(笑)??家族でもなかなかないと思いますけど…(笑)!

それにしても、最初から最後までお互い大好きなのが駄々漏れですね…(笑)!!
そして知念くん含め、「ツイスターでむちゃくちゃなポーズをとりながらお互いの好きなところを言う」なんて、なんという平和…(笑)!!なんというかわいらしさ…(笑)!!芸能人なので、もちろんこんな日ばかりじゃないと思うのですが(笑)、こういうところ、本当に好きなんですよね~!!
ということで是非その動画を次のアルバムの特典映像に…!!
あー、ほんとに幸せな回でした♪♪♪

昨日のベイジャンには知念くんがまさかの2週連続でちゃっかり出てて、嬉しかったです(笑)!
とりあえず知念くんの一人PERFECT HUMANが見た過ぎるし(笑)、漢字が読めない髙木くんがかわいいし(笑)、大ちゃんのホットヨガで笑いを堪えている図が面白すぎるし(自分がホットヨガやってるので、想像しちゃって(笑))、ニノのAinoArikaのお返しにJUMPが嵐の曲をカバーするかも、なんて嬉しい話もあったし、ほんとにベイジャン大好きです♪

今日はらじらーもあって、今週はいつも以上にたくさんJUMPメンバーの声が聴けた、とっても嬉しい週でした♪
最近ちょっとテレビ番組は追いきれてないのですが、ラジオは録っておけば移動中に聴けるので、何とかついていっています…(実はらじらーも今録音を追っかけて1時間半遅れで聴いてます)!
最近は面白い回が多くて、文字起こししちゃってるので、結局時間が足りないんですけどね…(笑);
来週もいろいろ楽しみです♪