読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

薮くんのことと森本くんのこと。【5/1チカラウタその他】

咳がさっぱり止まらないので、昨日、また家の近くの病院に行ったら、悪化して気管支炎になってました…;
私には珍しく結構高めの発熱もあった為、昼前からほぼ寝ていて、
・家にいるのにメレンゲもらじらーもリアタイ出来ず
・ずっと進めたいと思っている10000字インタビューの記事も書けず
・ポストに届いているであろうHey!Say!JUMPスペシャルのMyojoも読めず(ってか限界セクシーって一体…直視できるかな(笑))
と、せっかくの休みなのに、非常に勿体無い1日を過ごす事となりました…;
悔しい…!!やっぱり健康第一ですね…!

明日は会社なので、今日も大事を取り、スク革も我慢して寝ていたのですが、どうしても薮くんの「チカラウタ」はリアタイしたくて、昨日からさぼっているいろんな事を後回しにして(笑)、17時にテレビの前にスタンバイしました!

今日もニコニコの薮くん♪
あー、癒される…!
テレビで薮くんを見れるのは貴重なので、やっぱり嬉しいですね~!
ちなみにこの番組は何度も見たことがあり、ゲストが人生のターニングポイント(辛い場面が多い)で力をもらった「チカラウタ」を紹介する、ということは知っていたのですが、今回は全然事前情報を入れてなかったので、薮くんは何の話をするのかな…、とちょっと心配しながら見てました。

Jr.では早々にマイクを持ち、センター的なポジションを務めていた薮くん。
そんな薮くんが、JUMPとしてデビューしてから、それまでのセンター的な扱いから外れ、立ち位置は端になり、グループ最年長として、リーダー的ポジションを任されます。
薮くんは、自分がグループにいる意味が分からず、辛かった、と話していました。飛び抜けた才能が何もないって思った、グループからいなくなっても気づかれないんじゃないかな、って思った、と。

薮くんが紹介した「チカラウタ」は、BUMPの「才悩人応援歌」。

得意な事があった事 今じゃもう忘れてるのは
それを自分より 得意な誰かが居たから

ずっと前から解ってた 自分のための世界じゃない
問題無いでしょう 一人くらい 寝てたって

生活は平凡です 平凡でも困難です
星の隅で 継続中です
声援なんて皆無です 脚光なんて尚更です
期待される様な 命じゃない

小山くんも言っていましたが、デビューするのはみんな特別光る何かを持っている人ばかり。
そんな中、特に優れているものがない自分の存在価値が分からなくなる、というのは想像に難くありません。
私たちファンから見れば、そんなことないよ、薮くんだけの魅力、才能、たくさんあるよ、って思うんですけどね。

ちなみに、番組で紹介されたのはここら辺まででしたが、この曲は最後、こういう歌詞で終わります。

唇から 零れ落ちた ラララ
その喉から 溢れ出した ラララ
とても 愛しい距離 その耳だけ目指す唄 ラララ

僕が歌う 僕のための ラララ
君が歌う 君のための ラララ
いつか 大きな声 唯一人のための唄 ラララ

私は、BUMPの歌は主に大学の時に聴いていました。自分の生き方に悩む年頃には、凄く響く歌が多くて、聴いて泣いたこともたくさんありました。
BUMPの歌は、自分の弱さから目をそらさずに認めて、ボロボロになるけど最後は自分の強さを信じる、そんな歌が多くて。

個人的には「ギルド」で落ちるところまで落ちて、「ランプ」「ロストマン」辺りで立ち直り、「ラフ・メイカー」「オンリーロンリーグローリー」「sailing day」ですっきり、って感じでしたね!
他にも「ノーヒット・ノーラン」に勇気をもらったり、「車輪の唄」や「スノースマイル」できゅんとしたり、「K 」や「ダンデライオン」で感動したり…!
あああ、懐かしい…!!後で聴こう(笑)!

…と、ついつい話が逸れましたが(汗)、薮くんがこの歌を聴いて、力をもらったというのは、凄く良く分かって。
そして、こういう時に腐るんじゃなくて、「なにくそ!」って思えた薮くんが、そんなメンバーばっかりのJUMPが、本当に好きだなと思いました。

そして、来週のチカラウタでは、薮くんの「3分で分かるHey!Say!JUMP」があるとの予告が!
「リアクションがおネエ」「毎日お尻にボディクリームを塗っている」って、ファンなら誰のことかすぐ分かりますが、だいぶインパクトのある紹介をしてくれるみたいなので(笑)、こちらもとっても楽しみです!

さて、ここで森本くんの話を。

私が好きになったJUMPは9人のJUMPで、森本くんがいた時のことは映像でしか知らないし、私は今の9人のJUMPに満足しているので、敢えて森本くんがいた頃のことを、積極的に調べたことはありません。
今後もJUMPを応援する様には、森本くんを応援することはないと思います。
簡単にいうと、そこまでの思い入れがないのです。

でも、若いのに大変だったんだろうな、と思いますし、幸せにはなってほしいなと思っていて、活動再開のニュースを見た時は、良かったなと思ってました。

ですが、先日のニュースで「自殺も考えた」という発言を聞いたり、JUMPを連想させるようなブログを書いたりするのを見てると、何か違うんじゃないかなぁ、と思ったりして、ちょっと複雑でした。
当時の頭を下げている9人の画像が、9人を好きな私には、今見ても、とても辛いものだったから。

でも、昨日、KAT-TUNのライブで、亀梨くんがメンバー6人の名前を挨拶で出した、という事を知りました。
亀梨くんは赤西くんが抜けた時、凄く怒っていたし、田中くんが抜けた時も怒っていたイメージがあります。田口くんの時は、とても寂しそうでした。

メンバーが抜ける度、残ったメンバーは、きっととても大変だったはずです。でも、今いるメンバーだけでなく、辞めていったメンバーにも、フルネームを出して感謝を述べたという亀梨くん。

亀梨くんの強さと優しさを改めて感じましたが、それと同時に、きっと私たちファンが思うよりもずっとずっと、一度グループになったメンバーへの思い入れというのは強いんだろうなと思いました。
SMAPがいくらFIVE RESPECTを歌っても、森くんのことがSMAPにとって特別な存在であるように。

JUMPの9人にとってもやっぱり森本くんは特別だろうし、森本くんにとっても、JUMPの9人は特別なはず。例え、それが言葉として「発表」されなかったとしても。
だから、私はJUMPが森本くんとずっと違う道を歩くなら、それを応援するし、最終的に同じ道で出会って喜んでいるのなら、一緒に喜べるようなファンでいたいな、と思います。

なので、今後、森本くんのことは記事には書かないし、森本くんが何を言っても、気にしません。JUMPが森本くんのことを話題にしない限りは。
それでいいかな、と思いました。

何だかすっきりしました。

最後にご報告ですが、MyojoのJUMPはそんなにセクシーではなく(笑)、安心して見られるものでした!個人的には知念くんが一番セクシーでした♪
さて、録音したらじらー聴きながら、ご飯作ります♪