すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

好きすぎて泣く。【雑記】

昨日の夜、ちょっと現実逃避したくて、いろんなJUMPの動画を見ていたのですが、その中に、去年の24時間テレビの「母さん、俺は大丈夫」のシーンを5分くらいにまとめたものがありました。

去年の24時間テレビは、JUMPのことがだいぶ気になりつつ、まだ自分の気持ちに戸惑っていた時期で、全部は見てなくて。
それに加え、24時間テレビのドラマは悲しい結末になることが分かっているので、ちょっと苦手で(感情移入しやすいので、悲しい結末だとしばらく引きずるんですよね…)、あらすじは確認したのですが、この特別ドラマは敢えて見てませんでした。

今回私が見たのは、台詞はなくて、山田くんが歌う「銀の世界に願いを込めて」がBGMとして流れている動画だったのですが、もう、見ながら辛くて辛くて。
山田くんの演技がそれだけ素晴らしいからなのですが、まるで、山田くんが本当に苦しんでいるみたいで。

苦しそうな顔、悲しさを隠した笑顔、リハビリに挑む姿、苛立ちを抑えきれない様子、堪えきれず一人で涙を流すところ、ショックを受けている表情、どんどん痩せていく姿を見ていたら、胸が痛くてたまらず、涙がボロボロ出て、止まらず。

演技だって分かっているのですが、何かものすごく不安になってしまって、元気な山田くんに会いたくて、JUMPing CARnivalのDVDを見ました。
でも、笑顔の山田くんを見ても、涙が止まらず。寧ろ、他のメンバーの笑顔を見る度、新たに涙が溢れてきてしまい…。
あんなに多幸感に溢れたJUMPing CARnivalを、号泣しながら見ることになりました。

気づいたら、朝4時くらいで。
あ、木曜だ、伊野ちゃん…と思いながら、泣き疲れて寝たのですが、6時に「ねえ!伊野尾くん出てるよ!!」と夫に起こされました(笑)。
意識が朦朧としながらも、ご飯を美味しそうに食べる伊野ちゃんになんだか安心して、あー、今日が木曜で良かったなと思いました。

GWが終わってしまうことに伴うサザエさんシンドローム的な落ち込みと、ちょっと来週から新しく始めることがあり、それへの漠然とした不安で、元々精神的にちょっと不安定というか、心がざわざわしてるな~とは思っていたのですが、自分でもこんなに泣くとは思わなくて、驚きました。

昼寝をしたらだいぶすっきりして(笑)、何でこんなに泣いたのかな~、と考えたのですが、最初は多分、動画を見て、好きな人の辛そうな姿を演技だとしても見るのが苦しかったのと、山田くんがこうなったらどうしよう、という不安を感じたからだと思います。
でも、その後、JUMPing CARnival を見ていた時は、JUMP9人が笑顔で存在してくれることが嬉しくて、ありがたくて、本当に好きで好きでたまらない、と思いながら泣いていた気がします。

誰かを好きだというだけで泣くなんて、こんなこと、これまでの私の人生の中では起こったことがなくて。
しかも芸能人、しかも一気に9人。
自分のことなんですけど、何かすごいなー…と思いました(笑)。
最近モヤモヤしてたりしたので、その反動は大いにあると思うのですが、私、JUMPのこと、こんなに好きなんだ、と改めて思って。

多分、これからも熱愛報道とかあったら、きっとごちゃごちゃ言ってしまうとは思いますが(笑)、今は、9人が元気で、笑顔でいてくれたら、何かもう、それだけで十分幸せだなって思いました。
今なら悟りを開けそうです。

…あ、いや、やっぱり煩悩が隠しきれない(笑)。
やっぱりコンサートには行きたいです(笑)。

どうか、9人が忙しくなって体を壊したりしませんように!

ところで、ジャニーさんからSMAPについて言及がありましたね。
個人的には、何故今頃…という思いが正直あります。だから、あまり納得できません。
結局、真相はよく分かりませんが、SMAP5人には、自分たちが幸せになれる道を選んでほしいなという気持ちは変わりません。
でも、ジャニーさんがいるのといないのでは大違いだと思うので、お体は大事にして欲しいなと思います。

さて、ウルジャン聴きます♪