すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

初夏の嵐。【文春砲のこと】

楽しいことや嬉しいことだけ書いていたいのに、うまくいかないものですね。
でも、スルーするわけにもいかないので、今思っていることを書いておこうと思います。

昨日は会社の同僚と飲み会でした。
楽しい気分で帰りの電車に乗り、JUMPの曲を聴きながら開いたYahoo!ニュースのページに、まさかの文春砲。

思わず出た言葉。

「何やってんの…?」

一気に酔いが覚めました。

載っていたのは以前の写真(これもお酒でのトラブルですが…)だし、事務所のコメントも「代理人」が出してるし、被害届が出ておらず「事件」にはならないため、書いてあることが全て真実かと聞かれたら、もしかしたら、そうじゃないのかもしれない。

でも、今の時点で事務所は否定してないし、今年に入ってからの文春の記事は、いろいろと信憑性が高い。
となると、客観的にみて、今回のことは、実際に起きた可能性が高いと思います。

今回の件の一番の問題は、一般の方に迷惑をかけてしまったということ。
知り合いでもない、泥酔した男性に抱きつかれるとか、正直、恐怖と嫌悪感しかありません。

ストレスが溜まってたとか、悩んでたとか、泥酔した理由を擁護する意見もあるようですが、相手からしたら、そんなの知ったこっちゃないでしょう。

泥酔してたから、とか、わざとじゃない、とか、そんなの、言い訳にならないんですよ。
20歳を越えた大人で、社会人なんだから。

被害届を出されたら、普通に逮捕される案件です。
普通の会社員なら、クビが飛ぶ可能性も十分あります。
スマホ問題とか、恋愛スキャンダルとは、訳が違います。

ということで、今回の件、私は同情も擁護もできません。

今の気持ちを一言で表すなら、

『ドン引き』

です。とても悲しいですが。

でも、起きてしまったことは、もう変えることができません。
そして、多少の救いは、これが7連泊の翌日のことであり、「前回のスキャンダルを反省していない」という訳ではない、と思えることです。
まぁ、飲酒のトラブル自体は2回目ですけどね…。

もちろん、人間なので、間違えることはあります。
それによって、成長することもあるでしょう。
でも、「絶対に間違えちゃいけないこと」を間違えると、取り返しのつかないことになるんです。
今回は、正直ギリギリのところだったと思います。というか内容的にはアウトですが、相手の方の対応のおかげで何とか、というところです。

1度落ちたイメージや信頼を回復するのは、とてもとても大変な事です。
でも、それは本人が努力するしかないことです。
だから、頑張って欲しいなと思います。

そんなこんなで、今朝はモヤモヤしていて、木曜だなーと思いながら、どうにもテレビを見る気になれなくて。
でも、夫が起きてきて、テレビをつけたので、家を出る前のほんの数分だけ、めざましを見ました。

ちょうど、いのおちゃんラボをやっていました。
伊野ちゃんの笑顔を見たら、何かほっとして、思わず、「伊野ちゃん、おはよう。」って、テレビに話しかけてしまいました。
三平方の定理ってなんだっけ~?!」
と言っている伊野ちゃんを見て、何故だか救われた気持ちになりました。
伊野ちゃんは、今日も「伊野ちゃん」でいてくれたから。
最近、伊野ちゃんの存在に助けられてばかりです。

そんな伊野ちゃんは、今日のいのおピクチャーで、いたジャンのスタジオでの、9人の集合写真を紹介したと知りました。
この間のスク革といい、やっぱりJUMPってこういうグループなんだな、と思います。
そして、だから、私は好きになったんだよな、と思います。

素直に、曇りなく「大好き」って思わせて欲しいなぁ。
純粋に「大好き」って気持ちで、9人を平等に応援させてほしいなぁ。
頼むよ、裕翔くん。