読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

今後のスタンス。【雑記】

Hey!Say!JUMP

木曜、めざましを見る気にはなれませんでした。
4月に伊野ちゃんがレギュラーになってから、1秒も見なかったのは、初めてでした。

通勤中も、JUMPの曲は避けて、他のアーティストの曲だけ聴いて。

録画した先週のスク革も、未だに見る気になれません。
伊野ちゃんの先生の回。すごく楽しみにしてたのですが、今はまだ。
やっぱりこれまでのように、ただただ好きって気持ちだけでは見れないのが分かっているので。
そして、それを実感するのが辛いので。

私は、9人みんなが好きですが、裕翔くんのこと、未だに前みたいな気持ちでは見れてないんですよ。
他のメンバーとは、やっぱり差があるんです。
でも、裕翔くんのこと好きだし、大切だし、今後の活躍に期待してます。

伊野ちゃんのことも、きっとそのうち、同じように感じるようになるんだろうな、と思っています。
でも、そう思えるまでは、伊野ちゃんと、もう少し距離を取りたいと思います。

ヒルナンデスの録画を見ました。
大ちゃんは相変わらず、かわいくて、かっこよくて、面白くて、思わず笑ってしまいました。
光くんのワイプの優しい笑顔にほっとしました。
この2人のことが好きだなぁ、と思いました。

今日はしやがれに知念くんが出ますね。
とっても楽しみです。

こんな実感の仕方は悲しいけど、前回も、今回も、JUMPが9人いることに救われています。
他の多数のメンバーが好きだという気持ちが、最終的にJUMPを好きな気持ちを保ってくれるから。

でも、過半数にがっかりしたら、きっと私はJUMPから離れるだろうなと思います。
そんなことはないと思いたいですけど。

私は、自分のお金と時間の対価として、JUMPに夢を見させてもらっています。
だから、ファンでいて幸せじゃなきゃ、意味がないんですよね。
辛いときでも支えるとか、どんな事があっても好きでいるとか、それは自分がしたいからするだけであって、義務的にすることじゃなくて。
だから、ファンであることに無理はしないでおこう、と思いました。

正直、もっと盲目的なファンだったら、どんなに楽だったかと思います。
仕事への責任感についてとか、社会的評価についてとか、そんなことを気にしないで、ただただ好きな気持ちだけで、信じたり応援したりできたらな、と。
まぁ、この歳では無理ですね(笑)。

いろいろ書いてしまいましたが、17時半からのタイムボカン、見ようと思います。
楽しみにしてたんです、ずっと。

そして、来週はいよいよライブです。
さっき、友達が代行してくれたグッズの確認をしてて、ペンライトつけたら、ちょっとテンション上がりました。
ちゃんとC&R、確認しなきゃなぁ。
やっぱり好きって、心から思えると良いなと思います。