読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

JUMPファン2年目の感想。【2016年末の気持ち】

Hey!Say!JUMP

大晦日ですねー!

何だか実感が湧きませんが、長いようで短かった1年が終わります。

去年の大晦日には、JUMPを好きになって本当に幸せな1年だった、という記事を上げました。
今年は、残念ながら、その様なテンションではありません。
正直に言うと、いろんな感情で疲れた1年だったな…と思います(苦笑)。

朝、テレビをつけたら、今年の元旦に放送された、匠の会のダイジェストをやっていました。
「あの頃、いのちゃんの1つ1つの番組出演が本当に楽しみで仕方なかったし、実際楽しかったなー…」と、何だかしみじみしながら観てしまいました。

今年の元旦のいのちゃんは、今観てもキラキラしていて。
「今年も伊野尾革命は加速する一方だなー♪」って思ったことが、懐かしくて。
明日の知念くんのも楽しみではあるんですけどね!
もちろん録画もしてますし。
でも、寂しい気持ちになってしまいました。

更にその後観たメレンゲで、いのちゃんがゲストの松岡くんの楽屋に挨拶に行かなかったと注意されていて。
松岡くんは、怒っているというより弄っている感じで話してくれていましたが、「ジャニーズ28年近くいて、楽屋に挨拶に来なかったのはコイツ(いのちゃん)だけ」 と…。

いのちゃんは、「何を言っても言い訳になる」って言って、何も弁解してませんでしたが、もし、本当に理由があったのなら、『言い訳』してほしかったな、と思いました。
そうじゃないと、テレビで観てる人に『ただの生意気な子』としか思われないから。

『今のいのちゃんは、以前の様に「かわいさ」で許されるキャラじゃなくなってしまっていることに、早く気づいて、軌道修正してほしい。』
『お願いだから、これ以上、自分の努力でせっかく手に入れたイメージを落とさないで欲しい。』

そんな風に、今年最後の日に思ってしまうことが、悲しかったです。
次回のメレンゲのゲストは裕翔くんで、それは楽しみなんですけどね。

今年最後の日まで、こんな暗めな記事を書いていて、我ながら残念だな、と思います(笑)。
正直、いのちゃんをスルーすれば、幸せなだけの記事を上げることもできるんですけどね。

たとえば、

ベイジャンでの、ありたかちねの『PIKA★★NCHI DOUBLE』のカバー、凄く素敵でしたよね…!
3人とも歌が上手いし、あったかい声だし、ニノへのお返しっていうのもほっこりだし♪

カウコンの10周年記念メドレーも凄く楽しみで!
どんな曲が入るのかな…時間によっては全曲出来るかもしれないしね、知念くん(笑)♪
年男での、圭人くんとパパの共演もドキドキしますねー!かっこいいだろうな♪

みたいな感じで。
でも、それはできませんでした。
このブログには、良いことでも、悪いことでも、いつでも自分の気持ちを正直に書いてきたからです。

その分、振り返るのが辛い記事もあるし、楽しいだけのブログではありませんが、私のJUMPファンとしての歴史(というほど長くないですが…;)そのものなので、今の揺れる気持ちも、きちんと残しておきたいんですよね。
完全に自己満ですけど(笑)。

きっと、ここに書きたいことが何もなくなった時、素直な気持ちを書けなくなった時、それはこのブログの終わりであると同時に、JUMPのファンを卒業する時なんだろうなと思います。

つまりは逆に、こうやって今みたいに、何だかんだでいのちゃんにいろいろ言っちゃう間は、きっとJUMPから離れられないんだろうな、ということでもあります。
結局、ファンクラブは更新しました。
ということで、来年も私はJUMP担です(笑)。

でもやっぱり、来年は、楽しいことをいっぱい書きたいです!
そして、来年末には幸せいっぱいな気持ちで1年を振り返ることができたら良いなと思います。

今年も、ここで仲良くしてくださった皆樣に、たくさん助けていただきました。本当にありがとうございました!
10周年が、JUMPにとっても、ファンにとっても、これまでで一番楽しく、充実した1年になりますように♪

皆様、良いお年をお迎えください!