すきなもの。

Hey!Say!JUMPに日々幸せをもらっている私の、備忘録的な日記です。

1月前半のいろいろ。【カウコン・ぼくごは小説感想など】

気がついたら、もう1月が半分過ぎようとしている…(汗);
今年も宜しくお願いします(笑)!

元々はせっかちな性格なのですが、産休に入ってからはすっかりのんびりになってしまい、毎日驚くほどダラダラと過ごしてしまっています…;

思っていたより、JUMPのDVDや動画を観る気は起こらず、録画すらなかなか消化できず…;『暇なのにどうして??』と不思議だったのですが、JUMPは私にとって、日々のストレスを癒して、元気をくれる、栄養剤みたいなものだったのかな~、とぼんやり思っています。
今はノーストレスなので、求める気持ちが弱くなってるのかな~と。
あ、でもヒルナンデスはしっかりリアタイしてるんですけどね(笑)♪

さて、今更ですが、JUMPからの年賀状、ビジュアル良かったですね~♪年末年始のグッズはあのビジュアルだったんですよね?素晴らしい…!
そして、カウコン!
年男共演、圭人くんとお父さんの共演が素敵でしたね~!
今年は圭人くんの露出が増えそうで、嬉しい限りです!さっそくVS嵐もありましたしね♪

あ、カウコン、欲を言うなら、JUMPの曲を他のグループに歌ってもらう&他のグループの曲をJUMPが歌うのも見たかったです!私、あの手の企画が大好きでして(笑)!10周年のメドレーがあったから仕方ないですけどね;
それにしても、光くんの眼鏡姿は正義…!!ありがたやありがたや…(⬅誰)!
あ、年男の袴も見たかったなー!

そして、新曲出ますねー!『OVER THE TOP』!
リリースのペース、凄いですね!;
実はまだちゃんと聴いてないのですが(汗)、振り付けがファンタの方と同じとのことなので、かっこいいダンスに期待してます!!
届く頃にはバタバタでとても聴いてられない&映像見られないだろうなぁ…とは思ったのですが、後々後悔しないために、とりあえず初回限定盤の1と2を予約しました!
まだ曲名すら決まってないですが、2の映像がとても楽しみです(笑)!

ちなみに通常盤は、後からでも買えるというのと、正直なところ、ポスターの扱いに困るので、今回は見送りました…;ファンタのポスターも、ギミラのポスターも、今はただただ丸めて保管している感じなので…;
皆さんどうされてるんだろう…?私が女子高生なら、迷いなく部屋に貼るんですけどね…(笑)!;

そしてそして!!裕翔くん主演の「僕らのごはんは明日で待ってる」 が公開されましたねー!
なんとなくテレビをつけたら裕翔くんが出てた、って事が結構あって、番宣頑張ってるなーと思っていたので、本当は映画館に観に行きたかったのですが、臨月に入ってしまい、ちょっと遠出するのが怖くて、とりあえず原作を読むことにしました!
電子書籍で簡単に買えるの、本当にありがたい…♪

キャストは完全に映画のメンバーでイメージしてして読んだのですが、主人公の裕翔くん始め、皆さん違和感ない…というより、ぴったり過ぎました(笑)。
ちょっと不器用で、陰があって、でも真っ直ぐで、真面目で、優しくて。
この役は、山田くんじゃなくて、裕翔くんじゃなきゃできないな、と思いました。この役もらえて良かったなぁ。
逆にハガレンのエドは裕翔くんにはできないよなぁと思うので、同じグループでも、同じ年齢でも、やっぱり全然違って、その両方がいるJUMPって強いなーと改めて思いました♪

映画のネタバレをいくつか見たところ、原作の小説と、映画版では多少違うところがあるようですね!
映画の方が、ロマンチックで印象的なエピソードがあり、小説はもっと淡々と進む感じ…ですかね?
あと、最後の方の2人の関係性もちょっと違って。

でも、全体に流れる温かい空気感は同じみたいなので、きっと観た後、優しい気持ちになれる映画なんだろうなーと思います♪
全てがうまくいくようなハッピーエンドではないのですが、だからこそ、この2人がずっと幸せでいてくれますように、とそっと願いたくなるような、そんな素敵なお話でした。
ああ、映像で観たい(笑)!!

ちなみに映画で出てくるかは分からないのですが、一番心に残った、小春ちゃんの言葉を。

『会いたい人とか一緒にいて楽しい人って何人かいるけど、でも、いろんなことを平気にしてくれるのはイエスだけだって。(略)なんでも大丈夫にしてくれるのはイエスだけだよ。そう思ったら十分一緒にいる価値がある。』

※イエスというのは裕翔くん演じる亮太くんのあだ名です。

これ、「わかるなぁ…!」と思ったんですよね。

楽しいことや嬉しいことを一緒に喜んでくれて、倍にしてくれたり、悲しいことや辛いことを分かち合って、半分にしてくれる相手って、結構いて。
特に女性は、そんなに仲良くない相手だとしても、話して共感してもらうだけで、そう感じられることって多いと思うんです。

でも、いろんなことを『平気にしてくれる人』って、考えてみると、少ない。

人によって、それは恋人だったり、家族だったり、親友だったり、それこそJUMPみたいな好きな芸能人だったりすると思うのですが、いろんな辛いことや苦しいことや悲しいことを、『平気に』『大丈夫に』してくれる存在って、限られると思うんですよね。『マイナスを0まで戻してくれる』人は。

それは、癒しであり、力の源であり、絶対的に信頼できる存在で。
そういう存在に出会えることって、すごくありがたいことだなぁと改めて思いました。
そして、そういう存在と一緒に毎日を重ねていくのは、とても楽しくて幸せなことだな、と。

日々の暮らしの中で、そういう大切な存在を当たり前に感じてしまうことも多いですが、きちんと感謝して、毎日を過ごしていきたいなと思いました♪

まずは、この小説に出会わせてくれたのは間違いなく裕翔くんなので、裕翔くん、ありがとう!
今年もJUMPメンバーは映画にたくさん出ますし、それ以外にもたくさん活躍して、私たちファンにも新しい世界をいろいろ教えてくれそうなので、期待しています♪
あ、年末年始のコンサート、すごく良かったみたいで、羨ましかったです~!夏の分と合わせて、一刻も早くDVD(欲を言うならBlu-ray)、出ますように(笑)!